スポンサーリンク
NO IMAGE 公正証書

動産譲渡担保契約公正証書

動産譲渡担保契約とは 債権者にも債務者にも便利な担保権は抵当権なのですが、その規制は法律で厳格に定められています。そこで、抵当権の利便性をいかしながらも、もう少し制約の緩やかな担保の手段が取引の世界では要請されてきました。そこから生まれた...
NO IMAGE 公正証書

借入金債務の担保のための代物弁済予約付抵当権設定契約公正証書

代物弁済予約付抵当権設定契約とは 建物や土地など不動産を担保にとった場合で、債務の弁済ができなくなった場合を想定して予め担保物件であるその不動産を取得するという契約をするケ-スがあります。本来の債務の代わりに不動産という物で弁済させる予約...
NO IMAGE 公正証書

個人会社の全株式の譲渡をする旨の株式譲渡契約公正証書

株式譲渡契約とは 本項では典型的個人企業である一人会社の株式譲渡をとりあげます。一人会社とは、株主が一人の会社をいいますが、一人会社の全株式を譲渡するということは、包括的に会社そのものを譲渡するという意味を有します。 株式譲渡契約公...
NO IMAGE 公正証書

負担付贈与契約公正証書

負担付贈与契約とは 誰かに何かを贈ることを法律的に贈与といいます。贈与は、ある人(贈与者)が相手方(受贈者)に無償で財産的利益を与える、という贈与者と受贈者の合意によって成立する契約です。贈与によって、財産権を受贈者に移転すべき贈与者の義...
NO IMAGE 公正証書

電子公証制度とは

電子公証制度を知つていますか? すでに紹介した「私署証書の認証」、「確定目付の付与」、「定款の作成」についてはネットをを通 じて電子文書でも利用できます。これを電子公証制度といいます。 2002年1月15日から運用がはしま った新しい制度...
NO IMAGE 公正証書

任意後見契約公正証書の作り方

任意後見契約とはどんな契約なのか 高齢ですでに現役を引退しているHは、自分の死後の財産についてはすでに公正証書遺言を作成して いますが、最近、物忘れが激しくなってきていることに気づきました。自分が精神的に思慮分別を失 ったときのことを考え...
NO IMAGE 公正証書

公正証書による遺言の作り方

遺言にもいろいろある 芦屋に住んでいるHは、関西系の大企業の重役を勤めてきており、かなりの資産家です。芦屋の土地 家屋のほか別荘も六甲に所有しており、株や預貯金も多額にのぼります。しかし、定年退職後、自ら の体力の衰えを感じており、体調も...
NO IMAGE 相続

相続人以外の人にも財産を譲りたいとき

財産の一定割合を譲る「包括遺贈」と、特定の財産を譲る『特定遺贈』とがある 遺言によって、他人(相続人も含む)に財産を譲ることを『遺贈』といいます。遺贈には、財産の 譲り方によって、次のような二つの方法があります。 包括遺贈 ...
NO IMAGE 相続

債務・葬儀費用は相続財産から控除する

相続人の所得税、固定資産税は控除可能 被相続人の借入金などの債務や被相続人について要した葬儀費用は、遺産総額から控除され、控除された価格をもとに相続税が計算されます。 控除することができる債務は、被相続人が死亡したとき現存する債務で...
NO IMAGE 相続

生前贈与財産は相続財産に加算する

おしどり贈与による贈与財産は加算されない 相続・遺贈で財産を取得した人が、相続開始前3年以内に被相続人から贈与された財産がある場合、その財産は、相続財産に加算して相続税を計算します。 この場合、贈与税の非課税となる基礎控除額(年間1...
スポンサーリンク