スポンサーリンク
NO IMAGE 公正証書

債権を極度額まで担保する根抵当権設定契約公正証書

根抵当権設定契約とは 根抵当権とは、一定範囲で変動する不特定の債権を一定の限度額(極度額)まで担保するものとして設定された抵当権のことです。継続的商品取引契約をもとに発生する多数の債権など不特定多数の債権を担保するのなら根抵当権を設定する...
NO IMAGE 公正証書

駐車場賃貸借契約公正証書

駐車場賃貸借契約とは 駐車場賃貸借契約には、建物所有を目的とするものではないため、借地借家法の適用はありません。そのため、賃借人の立場は基本的に弱いものとならざるを得ません。たとえば、賃貸人の解約申入れに正当事由は必要なく、理由のいかんに...
NO IMAGE 公正証書

物品売買契約公正証書

基本条項をしつかり定めておく まず売買の対象となる商品を特定します。商品名・形式・商品番号などをはじめ、本体だけなのか、付属品も一緒なのか、具体的かつ詳細に記載します。商品を買主の倉庫に納入するかといった納入場所についても明確にします。こ...
NO IMAGE 公正証書

商標権譲渡契約公正証書

商標権譲渡契約とは 商標とは、簡単に言えば、商品の取引やサービスにおいて製造業者・販売業者らが、自社の提供する商品やサービスと他社のものとを識別するために、商品やサービスについて使用する標識のことです。商標は重要な機能を有しており、単なる...
NO IMAGE 公正証書

営業譲渡契約公正証書

営業譲渡契約とは 営業譲渡とは、○○の営業目的のために組織化され、一体として機能する財産(得意先関係等を含む)の全部または重要な一部を譲渡することです。営業譲渡がなされると、譲渡会社は譲渡の限度に応じて、法律上当然に競業避止義務(例えばA...
NO IMAGE 公正証書

不動産売却委任契約公正証書

不動産売却委任契約とは 委任とは、当事者の一方が相手方に対して法律行為をなすことを委託し、相手方がこれを承諾することによって成立する契約(これを諾成契約といいます)です。委任契約には有償のものと、無償のものとがありますが、一般には文例のよ...
NO IMAGE 公正証書

建築請負契約の簡易工事請負契約公正証書

建築請負契約とは 請負人が請け負った仕事を完成することを約束し、注文者が仕事の結果に対して報酬を与えることを約束する契約です。商品の加工寄託、製作物の供給、物品の運送なども一種の請負ですが、本項では、最も典型的な建設業者による建設工事請負...
NO IMAGE 公正証書

業務委託契約公正証書

業務委託契約とは 例えば、駐車場管理、経理、集金、清掃業務、警備、研究開発、調査、講師業務、編集業務、商品管理、品物保管、商品販売など、ある業務について、お互いに得意な分野で業務提携をしたり、業務の一部を外部に委託するのが業務委託契約です...
NO IMAGE 公正証書

土地賃貸借契約公正証書

土地賃貸借契約とは 土地の賃貸借とは、賃貸人が賃借人に土地の使用収益をさせることを約束して、賃借人がこれに対して地代を支払うことを約する契約です。契約で「建物所有の目的」とする場合は、借地借家法の規制を受けます。この借地借家法に反する契約...
NO IMAGE 公正証書

動産使用貸借契約公正証書

動産使用貸借契約とは 使用貸借契約とは、借主がある物を無償で借りて借主がこれを使用・収益して後に返還する契約をいいます。貸主が、「ただで借主に物を使わせる」、という点がポイントです。他人の財産を利用するには、対価を支払うのが当り前になって...
スポンサーリンク