スポンサーリンク
NO IMAGE 公正証書

送達のやり方を知っておこう

送達とはどんなことか 強制執行は、国家権力の力によって、債務者の財産から債権の満足を得るための手続です。そのため、強制執行のルールを定めている「民事執行法」によって、慎重な手続がいろいろと規定されています。いざ強制執行となる段階であっても...
NO IMAGE 公正証書

承継執行文とはどんなものなのか

承継執行文とは何か IT関連会社の立上げが成功し、上場まで果たした山田さんは、六本木に事務所を構えて取引を拡張していました。そんなとき、取引き先のX会社がY会社と合併し、社名は「Y会社」となりました。山田さんの会社はX会社に対して多額の債...
NO IMAGE 公正証書

執行文の数通付与と再度付与について

複数の執行文が必要になる場合もある 結婚を返済の条件としてお金を貸した山田さんは、結婚しても債務者が返済してくれないので、債務者の所有する不動産と動産に対して強制執行をすることにしました。ただ、不動産については裁判所、動産については執行官...
NO IMAGE 公正証書

執行文の取り方を知っておこう

なぜ執行文が必要になるのか 公正証書に、債務者が債務を履行しない場合には強制執行をしてもよいという執行認諾約款がつけられていると、それは「執行証書」と呼ばれます。では、いざ債務者が債務を履行しないのであれば、すぐに、執行証書を根拠に強制執...
NO IMAGE 公正証書

だれが強制執行するのか

裁判所と執行官について 強制執行を担当する執行機関には、「裁判所」と「執行官」の二つがあります。強制執行は、普通の裁判のように法廷で当事者が対峙して、それに対して判決を下すという場面とは異なります。ここでは、財産の処分という実力行使がなさ...
NO IMAGE 公正証書

どんな公正証書であれば強制執行できるか

どんなものが債務名義なのか 山田さんは事業を拡張するために、新店舗となる建物を購入しました。契約内容も正式に公正証書にしておきました。しかし、約束の期日が過ぎても、売主が登記の移転手続きや建物の引渡しをしてくれません。このままでは、事業計...
NO IMAGE 公正証書

強制執行を活用する

債務者の財産を差し押さえてもらうことができる 山田さんは、鈴木さんに対して卸売りした商品の売掛金債権を、公正証書にしておきました。しかも、その公正証書には、執行認諾約款がつけられていました。鈴木さんは「もう少し、待って欲しい」と言って逃げ...
NO IMAGE 公正証書

公証人の仕事② 確定日付

債権は譲渡できるのが原則 確定日付とは、簡単にいえば当事者間で後から変更することができず、第三者に対してもその作成日を主張することができる日付のことです。確定日付が要求される場合として、①指名債権(債権者が決まっている債権)を譲渡したり債...
NO IMAGE 公正証書

コンサルタント業務契約公正証書

コンサルタント業務契約とは コンサルタントとは、官公庁をはじめとする発注者の要請に対して専門的・中立的な立場から技術的ノウハウ等を自己の応用力を駆使して提供する専門家及びその集団としての組織をいいます。コンサルタント契約は、学識や経験等を...
NO IMAGE 公正証書

秘密保持契約公正証書

秘密保持契約とは ノウハウその他の工業上・産業上の秘密は、いかに秘密性が保持できるかが重要です。その管理には細心の注意が必要で、他社に営業秘密等を開示する必要がある場合には、秘密保持と流用禁止を内容とする契約を締結する必要があります。 ...
スポンサーリンク