スポンサーリンク
NO IMAGE 公正証書

公正証書を作る具体的な手続き

用意する書類 本人であること、正式な代理人であることの証明書などはどんな場合でも必要になります。本人自らが嘱託する場合は、本人の印鑑証明書1通(法人のときはその法人の資格証明書または商業登記簿謄本も1通必要)、実印を用意します。運転免許証...
NO IMAGE 公正証書

代理人に頼んで作ってもらう場合

代理人によっても嘱託できる 公正証書は、ある当事者の法律関係を文書によって甲に証明するものです。そのため、内容の確実を期するには、当事者双方が直接に公証役場に出頭して、嘱託をし、公正証書にすべき内容を公証人に伝えるのが最良です。しかし、そ...
NO IMAGE 公正証書

本人であることを証明するには

印鑑証明書などを提出すればよい 公正証書の作成を嘱託するのは、公証人に対して作成を嘱託する本人、または、本人から委任を受けた代理人でなければなりません。公正証書が持つ効力の強さからしても、これらが名義通りの本人であることはもっとも重要です...
NO IMAGE 公正証書

公証役場へ行く前に準備しておくこと

公証役場に行く前にやっておくこと 公正証書の作成を食卓するために、公証役場へ向かうわけですが、事前に入念な準備が必要になります。公正証書は、何かあったときには、訴訟の場でも、有力な証拠となります。また、判決を受けなくても強制執行が可能にな...
NO IMAGE 公正証書

どこへ行けば公正証書を作ってもらえるのか

公証役場へ行って嘱託する 公正証書は、私人が勝手に作成することはできません。資格を持った公証人に嘱託(依頼 )して作成してもらうことになります。では、公証人にはどこへ行けば会えるのでしょうか。公証人は、公証役場で職務を行っています。公証役...
NO IMAGE 公正証書

公正証書にするとどんな効力があるのか

証拠としての効力や債務名義としての効力がある 公正証書の効力は、大きく、法律上の効力と事実上の効力に分けられます。公正証書の持つ法律上の効力については、民事訴訟法や民事執行法という法律に規定されています。事実上の効力は、これら法律上の効力...
NO IMAGE 公正証書

示談・和解の公正証書の作り方

和解契約とはどんな契約なのか 雑誌記者をしているCは、仕事を終えて愛車で帰宅する途中、交通事故にあってケガを負ってしまいました。入院するほどではなかったのですが、しばらく通院による治療が必要になりました。もちろん、愛車も損傷を受けています...
NO IMAGE 公正証書

扶養に関する公正証書の作り方

扶養契約とはどんな契約なのか Mは実家を出て会社を経営していますが、実家には寝たきりの父親がいます。今後、寝たきりの父親を扶養しなければならないので、兄弟姉妹が集まって相談することになりました。兄弟姉妹それぞれに事情もあり、だれがどのよう...
NO IMAGE 公正証書

離婚についての公正証書の作り方

離婚のときの合意事項は書面にしておくこと Cは親の反対を押し切ってKと結婚し、子供も2人産みましたが、夫のKがスナックで知り合った女性Tと不倫の関係となってしまいました。いろいろと悩んだあげく、CとKは離婚することになりました。CとKには...
NO IMAGE 公正証書

規約設定に関する公正証書の作り方

購入予定者や分譲業者のニーズがはかれる 軽井沢にある親から譲られた別荘がかなり古くなったので、Kはそこに分譲マンションを建てること にしました。マンションにはよく管理規約があるので、それはどうやって定めるのかを不動産業者に 相談したところ...
スポンサーリンク