スポンサーリンク
NO IMAGE 離婚理由

姑との不仲が原因で離婚できる場合もある

婚姻を継続しがたい重大な事由に該当するかどうか 嫁と姑とのいさかい、あるいは嫁と夫の身内との不和は、昔から現在まで続く古くて新しい問題と言えます。家族との同居が当然であった戦前の民法では、配偶者の直系尊属(義父母)からの虐待や侮辱は、離婚原...
NO IMAGE 離婚理由

何もかも嫌になったでは離婚は無理

明確な離婚事由がない場合に「性格の不一致」とするのは問題が多い 人が人を好きになるのに、これといった理由もなく好きになることがあるのと同じように、夫婦を長くやっているうちに、ある日突然これといった理由もなく嫌いになるというケースもないでは...
NO IMAGE 基礎知識

冷静に考えるための別居は意味がある

別居期間中であっても相手に生活費を請求することができる 離婚話しが持ち上がり、双方で冷静な話し合いができない場合には、しばらくのあいだ冷却期間を置くという意味合いで、別居するケースは多いようです。この別居期間の間にも、いろいろな問題が起こり...
NO IMAGE 離婚理由

酒を飲むと暴力を振るう夫とは離婚できる

暴力の程度にもよるが夫婦問といえども暴力は許されない アルコールが入ると人が変わる人がいます。笑い上戸になる人もいれば、泣き上戸になる人もいます 。ところが、同じ変わるにしても、飲むにつれて暴力的になる人もいます。いわゆる酒乱と呼ばれる 人...
NO IMAGE 基礎知識

離婚届に判を押した後に気が変った

離婚する意思は離婚届けを提出する時点での意思である たとえ夫婦の仲とはいっても、いってはならない言葉、我慢ならない言葉というものがあります。夫婦げんかの末、売り言葉に買い言葉、「よし、分かれてやろう」「私こそ、前から別れたいと思っていたのよ...
NO IMAGE 離婚審判

審判にかかる時間や費用はどうなっているか

審判の申立てに必要な金額は2000円 離婚するか否かの紛争は、一般調停事件で、審判の申立てをすることはできません。審判の申立てができるのは家事審判法に定める甲類(審判の申立てしかできない)、乙類(調停でも審判の申立てでもよい)です。まず、費...
NO IMAGE 親権関係

親権の争いは調停から審判に移行する

親権について合意しない限り調停では親権者を決められない 水商売をしている妻に親権を渡したくないということで、離婚については合意ができているのに、争いになった事件があります。もともと夫は、妻が水商売をしていることに不満をもっていました。いずれ...
NO IMAGE 基礎知識

妻が勝手に離婚届を出した

勝手に離婚届を作成して受理されたとしても無効になる 婚姻や離婚は当事者双方が届出をしなければなりません。そのことは民法で規定されています。したがって、届出人には双方がなり、届出書には当事者双方の署名押印が必要です。「離婚してもいいと確かに言...
NO IMAGE 離婚理由

性交渉の拒否は必ずしも離婚理由にならない

性交渉の拒否だけでは離婚理由にはならない 結婚当初ならばいざ知らず、結婚生活が長くなればなるほど、夫婦間のセックスは少なくなり、盆と正月のみとか、あるいは七夕だよ(年に一回)などと言う話も珍しいことではありません。結婚生活というのは、夫婦の...
NO IMAGE 離婚調停

相手が行方不明の場合は調停は不要

調停の申立てが物理的に不可能な場合の手続き 事例で解説しましょう。花子さんの亭主はある日ふらりと蒸発してしまい、長期間が経過しました。腹が立つやら悲しいやら。それでも花子さんは元の住所に頑張って待ちました。しかし、亭主は現れないのです。い...
スポンサーリンク