スポンサーリンク
NO IMAGE 離婚調停

相手が出ない場合でも調停申立ては必要

離婚の合意ができなければ相手が嫌がっても調停申立ては必要 離婚についての調停は嫌だが協議はするという事例も少なくありません。協議を重ねて妥協点を探ることです。しかし、協議離婚ができないのであれば、 最終的には訴訟で離婚を要求することになり...
NO IMAGE 離婚理由

キッチンドリンカーの妻と別れるのは至難

妻が家事や育児をしない場合には夫婦の協力扶助義務違反となる 外に出て働く女性が増えてきたせいか、あるいは女性の地位が向上したせいか、夫が働き妻が家事や育児を行うという分担システムは、最近は崩れはじめ てきているようです。しかし、現時点では...
NO IMAGE 離婚理由

離婚訴訟に勝つための証拠の集め方と出し方

実際の訴訟では、当事者以外の証人を呼ぶケースは少ない 離婚訴訟も裁判である以上、離婚事由の存在につき、相手が有責であることについて、主張し立証しなければなりません。相手配偶者に不貞、悪意の遺棄 など の有責の離婚事由があると言って離婚を請...
NO IMAGE 離婚訴訟

離婚裁判には費用と時間がかかる

離婚訴訟で何を請求するかによって必要な印紙額は違ってくる 訴訟を提起するには、訴状に収入印紙を貼るという形で国に手数料を納めます。たとえば、離婚と親権者指定だけを求める訴訟では印紙13000円(訴 額が算定不能なので訴額は160万円として...
NO IMAGE 離婚調停

争うときの財産の保全と決まったことを実行させる法

相手が財産を処分してしまうのをストップする対策 離婚当事者の中には、離婚はしてもいいが離婚に伴う金銭は支払たくないという人がいます。そのため、調停がまとまらず審判に移行しそうになると、自 分の財産の名義を変えたり、処分したりするケースも皆...
NO IMAGE 離婚理由

有責配偶者からの離婚請求が認められた

昭和62年に最高裁が離婚原因を作った有責配偶者からの離婚を初めて認めた 「不貞」「悪意の遺棄」などを理由とする離婚請求は、有責事由がある配偶者に対する無責の配偶者からの離婚を認めるものです。「生死が3年以上不 明」「精神病」などを理由とする...
NO IMAGE 離婚調停

調停でも審判でも効力に違いはない

調停の効力も審判の効力も、効力は同じ 花子さんは離婚の際、愛児一郎君の親権を夫の太郎氏に渡しました。自分は離婚後働かなければならなかったし、太郎氏の母親が手が空いており一郎君を育てるのに不自由がなく、その人柄も悪くなかったからです。その代...
NO IMAGE 基礎知識

離婚に際して必要な手続きは多い

離婚届や住所変更など市区町村役場に届け出るものは多い 役所への届など面倒なことは夫に任せている妻は多いようです。しかし、離婚するとなると、離婚に伴ってしなければならない必要な手続きは夫がやって くれるはずもなく、全部自分でやらなければなり...
NO IMAGE 離婚理由

夫(元)の暴力や嫌がらせから身を守るには

DV法の改正で規制が強化された 従来は、夫婦間の暴力があっても警察は民事不介入を楯に保護されることもありませんでした。平成13年に、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(以下、DV法と略)が制定されましたが、保護が不十分と...
NO IMAGE 親権関係

どちらも親権者になりたくない場合はどうする

子どもをひきとれない事情がある場合には 親権者についてもめるというケースの大半は、夫婦の双方による子どもの奪い合いであるものですが、中には、父親も母親も子どもをひきとりたくない、あるいはひきとることができないという場合もあります。たとえば...
スポンサーリンク