スポンサーリンク
NO IMAGE 財産分与

財産分与の請求はいつまでできるのか

財産分与の請求はかならず2年以内に行なうこと 離婚の財産分与を請求できるのは、離婚のときから2年以内と決められています(民法768条)。この期間をすぎた後では財産請求をすることができな くなりますから、注意が必要です。それに、2年以内に請...
NO IMAGE 財産分与

ローン付きマンションでも分与してもらえる

財産分与を決める前に財産の見極めをすることが先決 夫婦で子供もいない場合に、双方で離婚することが決まると、後は財産をどう分けるか、つまり財産分与の問題となります。以下では、ある夫婦の会話か ら、財産分与について解説します。山田さんは平均的...
NO IMAGE 財産分与

財産分与を少しでも多く取りたい

離婚原因が相手にあったとしても財産分与には反映しない 離婚原因は、財産分与に影響を与えるのでしょうか。例えで解説します。離婚になったのは、太郎さんが一方的に悪いのです。愛妻の花子さんとけんかに なり、離婚の羽目になったのは太郎君のせいでし...
NO IMAGE 財産分与

財産分与はケース・バイ・ケース

財産分与は夫婦の共有財産を分け合うというのが基本的な考え方 財産分与としていくら請求できるかは、相場が決まっているわけではありません。夫婦で築いた財産を離婚に際し分けようというのが財産分与の制度です から、分与額はどれだけ財産があるかによ...
NO IMAGE 財産分与

財産分与の時効期限(除斥期限)

離婚後二年を経過すると財産分与の請求はできなくなる 離婚をした者の一方は相手方に対して財産分与を請求できるということは、民法で規定されています(768条、771条)。財産分与というのは、基本 的には、結婚生活中に夫婦が協力して蓄積した財産...
NO IMAGE 財産分与

離婚における財産分与とは

財産分与は離婚の原因を作った側からも請求できる 離婚する場合、離婚に伴う給付金には、財産分与、慰謝料、子がいる場合の養育費が考えられます。ここでは、財産分与について解説します。財産分与と は、婚姻中に取得した財産は、たとえ名義は一方の配偶...
NO IMAGE 基礎知識

調停や審判前に家庭裁判所の相談室を利用しよう

家庭裁判所の相談室を大いに利用しよう 裁判所は言うまでもなく裁判をするための機関ですから、当事者双方の言い分を公平に聞き、公平な判決を下す任務を負っています。したがって、最初か ら中立であるべき国の機関であり、事前に当事者一方の味方をする...
NO IMAGE 基礎知識

生活に困ったら国の援助を利用しよう

金銭面では子供に対するものと親に対するものとがある どうしても離婚したいのだけれど、離婚した後の経済的なことを考えると二の足を踏んでしまう人もいます。女性の社会進出が言われていますが、現実に は主婦のパート労働者が数字を押し上げているだけ...
NO IMAGE 基礎知識

離婚直後の出産は前夫の子と推定される

離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定される 離婚後に子が生まれる場合でも、離婚成立後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定されます。したがって現在の夫の子を妊娠した後に離婚しても、 ほとんどの場合に前夫の子と推定されることにな...
NO IMAGE 基礎知識

再婚は離婚後6か月はできない

女性は離婚後6か月経たないと再婚はできない 欧米では、離婚した夫や妻が再婚、三婚することは、珍しいことではありません。それにくらべて、わが国では離婚した女性が再婚するケースは少ないも のでした。しかし、最近になり、欧米の風潮にならされたの...
スポンサーリンク