スポンサーリンク
NO IMAGE 協議離婚

協議離婚の手続きとは

双方の署名押印があればどちらか一方が届けてもよい 協議離婚は市区町村の役場(役所)へ届けをし、受理されることによって成立します。離婚届は婚姻届と同様、口頭でできる規定もありますが、実際には 書面でするのが普通です。戸籍法による届(離婚届は...
NO IMAGE 協議離婚

協議離婚で決めなければならないことは

離婚届けを出すときに双方の離婚する意思が必要 協議離婚でまず必要なことは、夫婦双方が協議離婚をすることを決めることです。つまり双方の離婚の意思が必要です。一方だけが勝手に離婚を決めることはできません。一方の離婚要求に親兄弟が荷担してもだめ...
NO IMAGE 協議離婚

協議離婚の合意内容は必ず書面化しておく

協議離婚の合意内容は必ず書面化しておく 離婚する夫婦双方の性格や離婚の理由、あるいは別れるときの状況にもよりますが、たとえ協議離婚で、お互いに納得し合って、何の問題もなく離婚する としても、とり決めたことはきちんと書面で残しておくべきです...
NO IMAGE 財産分与

婚姻期間が長いと一般的には給付金は多い

結婚期間の長短と慰謝料額とは全く関係がない 結婚期間の長短と慰謝料や財産分与額が比例するとは限りません。そのどちらも結婚期間の長短とは関わりなく別に生じるものであり、個々の実状による ことです。ただ結婚期間が長く安定していたのに突然の離婚...
NO IMAGE 財産分与

年金分割の方法と手続きはこうなる

離婚時年金分割の方法 年金改革では、厚生年金の保険料は夫婦共同で納めたとみなし、離婚する場合も結婚していた期間に相当する分の厚生年金を夫婦で分割できることにした ものです。分割の比率については、夫婦で話し合って決め、合意できたら公正証書な...
NO IMAGE 財産分与

厚生年金は分割してもらえる

熟年離婚と財産分与 平成18年中の離婚件数は約257500組で、このうち同居35年以上の「熟年離婚」は4747組で前年同様の高い数字で推移しています(厚生労働 省「人口動態統計」)。こうした熟年離婚で問題になるのは、財産分与(相手に離婚原...
NO IMAGE 財産分与

養育費等の滞納と強制執行

養育費等の支払いの滞納に備えて 別居中の生活費である婚姻費用の分担や離婚後の養育費の取り決め をしても、現実にはなかなか支払ってもらえないケースが協議離婚 で約8割、調停で決まった場合でも3割強です(前者は厚生労働省の 統計、後者は最高裁...
NO IMAGE 財産分与

約束した養育費の支払いを確保する方法

養育費の取立ては金額も少額なだけに困難な面がある 約束した養育費は債権です。どう支払わせるかは再建一般の取り立てと共通になります。ただし前述したように養育費は扶養請求ですから将来にわたっ て、額が変わることもあり得ます。多く変わることが多...
NO IMAGE 財産分与

内縁の場合も財産分与や慰謝料を請求できる

養育費の取立ては金額も少額なだけに困難な面がある 法律上は、夫婦同然の生活をしていても、お互いに結婚するという意思がなければ、これは単なる同棲です。内縁というのは、結婚の意思が双方にあり、 実質的に夫婦同然の生活をしている状態にある夫婦を...
NO IMAGE 財産分与

不貞が原因の離婚なら慰謝料を請求できる

離婚の慰謝料は常に夫が支払うものとはかぎらない 離婚するからといって、夫が妻に必ず慰謝料を支払うわけではありません。慰謝料というのは、精神的損害に対する損害賠償のことであり、加害者つまり 損害を与えた者が被害者に対して支払うお詫び料だから...
スポンサーリンク