スポンサーリンク
NO IMAGE 離婚訴訟

離婚訴訟にかかる弁護士費用を知っておこう

実費のほかに弁護士会で定めた着手金と成功報酬とが必要 弁護士に離婚事件を依頼するのに必要な費用は、最初に実費+着手金、事件終了時に報酬ということになります。実費はだれが訴訟をやっても同じです。 訴状に貼付する印紙代、提出書類のコピー代、交...
NO IMAGE 離婚訴訟

協議や調停で決まらない場合の訴訟

財産分与や養育費は離婚と一緒でなければ訴訟では請求できない 協議離婚や調停離婚を成立させるときにどうしても決めなければならない事項は、未成年者がいる場合の父または母のどちらを親権者とするかということ だけです。離婚では通常、親権者の指定、...
NO IMAGE 離婚訴訟

調停で離婚に応じないときは訴訟をする

訴訟は家庭裁判所に提起する 協議離婚の話し合いもまとまらないし、家庭裁判所の調停もだめだった、となると離婚の次の方法は家庭裁判所に離婚訴訟を提起することになります。離 婚訴訟は最後の手段ですが、訴訟である以上勝つ場合も負ける場合もあるわけ...
NO IMAGE 離婚審判

調停・審判事件での弁護士依頼

弁護士のテクニックが必要なケースもある 調停手続きでもそうですが、事案の解決には意外に法律的な問題が絡み合い、複雑な法的判断が必要なことが多いのです。特に審判は調停とは異なり、当 事者の話し合いでなく、裁判所の一方的な職権調査や審理でどん...
NO IMAGE 離婚審判

審判による決定に不満なときには異議申立ができる

やむを得ない場合には代理人などでよい 家庭裁判所の審判は、平たく言えば一種の裁判といえましょう。しかし、一般の訴訟とは異なり、家庭裁判所の手続きは非公開とされ、裁判所が相当と認 める者の傍聴が許されるだけです。審判の審理には当然当事者が出...
NO IMAGE 離婚審判

離婚が審判で決定される場合もある

調停に代わる審判で離婚の決定がなされる場合がある 審判は家庭裁判所が下する一種の裁判です。家事審判法に規定があり、審判事項は甲類と乙類に分かれています。甲類の事項は調停の対象とはならず、乙 類の事項については先に調停手続きをすることができ...
NO IMAGE 離婚調停

離婚調停が不成立(不調)に終わった場合

家庭裁判所で調停不成立証明書をもらう 話し合いによる離婚、いわゆる協議離婚ができない場合には、家庭裁判所に離婚の調停を申し立てることになります(調停前置主義)。離婚調停の席で は、調停委員がいろいろとアドバイスなどをしてくれますが、元々夫...
NO IMAGE 離婚調停

調停で慰謝料や財産分与も決められる

合意できれば裁判所は調停調書にしてくれる 家庭裁判所の調停で、財産分与額も慰謝料額も決めてくれるのか、と質問されると答えに躊躇します。というのは、調停手続きは裁判所が上から一方的に 何かを決めてくれる手続きではないからです。しかし、家事調...
NO IMAGE 離婚調停

離婚調停の申立費用は低額

離婚調停に掛かる費用は2000円 花子さんは夫と気が合わず、一緒に暮らすのがつくづく嫌になりました。こんな不本意な生活を送るよりは離婚したいのです。今ならまだ働けるでしょ う。しかし、夫は協議離婚に同意しません。子どものこともあるし、花子...
NO IMAGE 協議離婚

協議離婚の場合の証人

協議離婚の場合の証人 ただでさえ離婚交渉は骨が折れるものです。そして、最後の離婚届、これがまた意外と面倒なのです。離婚の届書を取り寄せて作成し、しかも届には証人 二人が必要なのです。戸籍法の定めでは、離婚届には成年の証人二人が必要で、証人...
スポンサーリンク