スポンサーリンク
NO IMAGE 離婚調停

相手が離婚調停そのものに応じない場合は出頭勧告がなされる

中には、裁判所からの再三の呼び出しにも応じず、かたくなに調停をいやがる人もいます。 このように何度呼出しを重ねても出頭しない場合には、出頭勧告として家庭裁判所の調査官が説得におもむきます。 それでも出頭しなければ、5万円以下の過...
NO IMAGE 離婚調停

調停委員とは何か

家庭裁判所における調停は、家事調停と呼ばれ、調停委員会で行われます。 調停委員会のメンバーは、家事審判官(裁判官)1名と、民間から選ばれた家事調停委員二名で構成されます。 調停委員は、弁護士、学識経験の豊富な人などで、40~70...
NO IMAGE 離婚理由

宗教活動で家庭が崩壊したら離婚できる

信教の自由や宗教活動の自由は認められてはいるか自ずから限度がある 信仰や宗教活動の自由は憲法の認めているところですから、妻が夫あるいは家の宗教と異なる信仰をするに至ったからといって、そのことを理由に離婚の 申立てをしても離婚が認められるわ...
NO IMAGE 離婚理由

過度のマザコン夫とは離婚できる

離婚申立ての原因で一番多いのが「性格の不一致」 離婚訴訟を起こす場合には、その前に、家庭戴判所で離婚調停を行わなければなりません。これを調 停前置主義といっています。 この家庭戴判所に持ち込まれる調停事件には、ストレートに離婚した いとい...
NO IMAGE 離婚理由

ギャンブル狂の夫とは離婚できることもある

生活費を家に入れない場合には扶助義務違反となり離婚事由に該当 いくら愛し愛されて結婚した夫婦であっても、現在の世の中、経済的な裏打ちがなくては愛情だけで 円満な結婚生活は送ってはいけません。民法が結婚した夫婦に期待しているのは、夫婦は同居...
NO IMAGE 離婚理由

婚姻が破綻し継続が困難であれば離婚できる

強度の精神病であり回復の可能性がない場合に認められる 高齢化社会と盛んに言われるようになるにつれ、「ぼけ」とか「アルツハイマー病」などの老人性痴 呆症が増加してきています。このような病気にかかった患者をかかえた家族にとっては、家庭崩壊の ...
NO IMAGE 離婚理由

精神病の妻との離婚の可否は病状による

強度の精神病であり回復の可能性がない場合に認められる 現在のように、ますます高度化する文明社会の下では、精神的な病に侵される人も多くなってきてい ます。夫婦というのは、精神的な結合と肉体的な結合をバックボーンとして成り立っているものです ...
NO IMAGE 離婚理由

不貞者からの請求が認められる場合もある

離婚原因を作った側からの離婚請求は、原則として許されない 家族法の分野では、クリーンハンズの原則と言われるものがあります。自ら手を汚している者は、そ の手で裁判所へ救済を求めることは許されないというものです。自分から不貞という離婚原因を作...
NO IMAGE 離婚理由

婚姻を継続しがたい重大な事由のケース

愛情が冷め元の夫婦関係に戻れないことが要件となる 離婚訴訟では「不貞」「悪意の遺棄」「生死3年以上不明」「精神病」という個々の事由があれば離婚を求めることができますが、実務で訴状を書くとき は、それらの個々の事情を書く他に「それらの事情が...
NO IMAGE 離婚理由

強度の精神病で回復の見込みがないとき

回復がむつかしい強度の精神病の場合が対象になる 法定離婚原因に当たる精神病は「強度で回復の見込がないとき」を言います。 精神病になるのは本 人の責任では全くありませんから、不貞や悪意の遺棄と異なって有責の配偶者に対する離婚を認める という...
スポンサーリンク