スポンサーリンク
NO IMAGE 交通事故

少額訴訟による交通事故の解決

少額訴訟による交通事故の解決 調停でも決着がつかない場合は、訴訟で紛争の解決を図るしかありません。訴訟と聞くと時間も費用がかかると思いがちですが、請求額が60万円以下の場合に1日で判決が出る「少額訴訟」という方法があります。 60万円以...
NO IMAGE 交通事故

調停による交通事故の解決

調停による交通事故の解決 調停とは、第三者である調停委員と裁判官が立ち会い、当事者間の話し合いをリードしながら紛争を解決することです。訴訟よりも費用は低く抑えることができます。 調停調書は確定した判決と同じ効力を持つ 調停により当事者...
NO IMAGE 交通事故

交通事故による死亡逸失利益の計算方法

交通事故による死亡逸失利益の計算方法 死亡事故の場合、後遺障害事故と同様に逸失利益が消極損害となります。ただし、死亡事故は休業損害がなく、被害者が生きていれば要したであろう年間生活費の相当分を年収から控除して逸失利益を算出する点が異なりま...
NO IMAGE 交通事故

交通事故による後遺障害逸失利益の計算方法

交通事故による後遺障害逸失利益の計算方法 後遺障害により労働能力が低下したと認められれば、働けなくなったことによる減収分を、逸失利益として請求することができます。 後遺障害逸失利益の計算式 年収×労働能力喪失率×就労可能年数に対応する...
NO IMAGE 交通事故

交通事故慰謝料の計算方法(傷害事故・後遺障害・死亡事故の場合)

交通事故慰謝料とは 慰謝料とは精神的な損害に対する賠償です。ケガをして入院または通院した場合、後遺障害が発生した場合、被害者が死亡した場合に認められます。 交通事故慰謝料の種類 傷害慰謝料 入院・通院の期間、ケガの状態により一定の基...
NO IMAGE 交通事故

交通事故による休業損害の計算方法

交通事故による休業損害とは 交通事故によりケガをした被害者は、仕事を休んで得られなかった賃金や、それによって生じた減収分を休業損害として加害者に請求することができます。この休業損害を算出する方法には、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護土会...
NO IMAGE 交通事故

交通事故慰謝料(損害賠償)の消滅時効とは

慰謝料(損害賠償)消滅時効とは 時効とは、ある事実関係が続いている場合に、その続いている事実状態をそのまま権利関係としても認めようとする制度のことをいいます。この時効の法律的効果として、一定の期間が経過することによってある権利が消滅するこ...
NO IMAGE 交通事故

交通事故の示談交渉で問題となる最近の事例

示談交渉の代理人は弁護士以外でもできるのか 有料で示談の代理人となって交渉をすることは、弁護士以外は禁止されています。ただし、保険会社の示談担当者が代理人となって交渉することは認められています。また、有料の場合ですので、無償で代理人となっ...
NO IMAGE 交通事故

任意保険金が支払われない場合がある

偶然でない事故やすでに発生している事故については免責 自動車保険は偶然発生した事故の損害を補填するものです。 ですから、わざと起こした事故(故意による事故)による損害については保険金は支払われません。 また、保険契約のときにすでに発生...
NO IMAGE 交通事故

政府保障事業とは

政府保障事業により救済を図っている 自賠法は被害者救済のために制定された法律です。 しかし、被害者が轢き逃げ事故にあい加害者が不明の場合や、加害車両が自賠責保険にも加入していない事故であった場合には、被害者は自賠責保険の保険金を受け取る...
スポンサーリンク