スポンサーリンク
NO IMAGE 交通事故

店舗に突入して物を壊した場合の損害賠償

修理が可能ならば修理費用、可能ならば時価相当額 まず、店を壊したことによる損害から考えてみましょう。店に限らず、塀を壊した、玄関を壊した場合など、加害者は原則として原状に回復しなければならない義務があります。具体的には、修理が可能な場合に...
NO IMAGE 交通事故

車同士の事故でお互いに過失があった場合は過失相殺される

損害賠償額はそれぞれの過失に応じて決まる 過失相殺については、ほかの項でも若干ふれましたが、ここでは詳しく説明します。過失相殺とは、事故の発生につき、加害者にも被害者にも過失があれば、その割合に応じて損害賠償額を減額するということです(民...
NO IMAGE 交通事故

修理が不可能な程度に破損したときの損害賠償

事故直前の中古車の価格しか請求できない 車同士の事故の場合には、過失相殺が問題となる場合がほとんどですが、過失相殺の問題は別のページで解説することにして、ここでは車の損害に絞って考えてみます。中古車が大破され、使いものにならなくなった場合...
NO IMAGE 交通事故

車同士の事故の場合に損害賠償請求できる項目

修理が可能な場合の損害額は修理費と格落ち損 車に追突されて自分の車が破損したという場合で、相手が一方的に悪く、こちら側に落ち度がないという場合には、自分が受けた損害のすべてを加害者に請求できます。通常、双方に落ち度がある場合が多く、この場...
NO IMAGE 交通事故

物損の保険について知っておこう

物損を填補するのは任意保険 物損とは、物の滅失、毀損による損害をいうとされています。 物損の場合に、自賠責保険が支払われないことはすでに述べたとおりです。 ただし、義眼、義歯、義肢、コルセット、松葉杖、補聴器などは、身体に密着し、身体...
NO IMAGE 交通事故

事故の状況と損害を正確に把握する

加害運転者の義務 物損事故が起きたときの加害者がしなければならない義務は、人身事故の場合と同じです。 現場における危険防止の措置 警察官への事故報告の義務 保険会社への通知 中には、物損事故だからといって、警察...
NO IMAGE 交通事故

物損事故にはどんな法律が適用されるか

損害賠償を請求するには法律上の根拠が必要だ 自動車事故の被害者が加害者に対して、損害賠償を請求しようという場合には、法律上の根拠がなければなりません。一般に自動車事故の損害賠償で用いられる法律は、自動車損害賠償保障法(以下、自賠法と略)3...
NO IMAGE 交通事故

死亡事故の場合の実際の示談交渉例

交渉のポイントをできるだけ早くはっきりさせる 被害者は42歳のサラリーマン。夜間11時すぎ、酒に酔って信号のない道路を横断中に自家用車にはねられ、救急車で病院へ運ばれたが 1週間後に死亡。加害車両の運転者は19歳の受験浪人生で、制限速度を...
NO IMAGE 交通事故

相続人以外の親族には慰謝料は認められないのか

法定相続人に当たらない近親者にも慰謝料は認められる 死亡事故の場合の慰謝料に関する条文として、民法では「他人の生命を害したる者は、被害者の父母、配偶者、およびその子に対しては、その財産権を害せられざりし場合においても、損害賠償をなすことを...
NO IMAGE 交通事故

通常訴訟による交通事故の解決

通常訴訟による交通事故の解決 示談や調停が不成立に終わり、交渉による賠償請求が不可能な場合は、最終的には訴訟により紛争を解決します。民事訴訟は、弁護士が代理人として行う場合もあれば、本人が自ら訴訟を遂行する場合もあります。 訴訟の手続き...
スポンサーリンク