財産分与

スポンサーリンク
NO IMAGE 財産分与

財産分与はケース・バイ・ケース

財産分与は夫婦の共有財産を分け合うというのが基本的な考え方 財産分与としていくら請求できるかは、相場が決まっているわけではありません。夫婦で築いた財産を離婚に際し分けようというのが財産分与の制度です から、分与額はどれだけ財産があるかによ...
NO IMAGE 財産分与

財産分与の時効期限(除斥期限)

離婚後二年を経過すると財産分与の請求はできなくなる 離婚をした者の一方は相手方に対して財産分与を請求できるということは、民法で規定されています(768条、771条)。財産分与というのは、基本 的には、結婚生活中に夫婦が協力して蓄積した財産...
NO IMAGE 財産分与

離婚における財産分与とは

財産分与は離婚の原因を作った側からも請求できる 離婚する場合、離婚に伴う給付金には、財産分与、慰謝料、子がいる場合の養育費が考えられます。ここでは、財産分与について解説します。財産分与と は、婚姻中に取得した財産は、たとえ名義は一方の配偶...
NO IMAGE 財産分与

慰謝料が不要のケースもある

慰謝料を払うのは離婚原因を作った責任のある者がいる場合 理由のない離婚が増加しています。結婚生活にはある程度の我慢が必要ですが、我慢したくないというのであれば離婚するしかないでしょう。この場合、 たいていは相手の非を主張します。「あなたが悪...
NO IMAGE 財産分与

子供の養育費や学費の決め方

養育費や学費の請求は子供の親に対する扶養請求権の行使 離婚に伴い親権者または監護者になって子を養育する側、特に妻(母親)が相手に対し子の養育費を要求することは実務では定着しています。しかし、これについて特に規定があるわけではありません。民...
NO IMAGE 財産分与

子どもの養育費について知つておこう

養育費は子どもが親に対して請求するもの 一般的に、親権者となって子どもをひきとる側(とくに妻の側)が、相手に対して養育費を要求するという事例はよくあることです。 しかし、離婚の際の子の養育費の支払いについては、直接定められた法律があ...
NO IMAGE 財産分与

財産分与・慰謝料の具体的な支払方法について

可能なかぎり分割払いはさける 財産分与や慰謝料などの支払いは、分割にせずできるだけ一括ですませるほうが無難です。 やむなく分割にする場合でも、最初に支払う頭金を多くするなどの工夫を心がけるようにしましょう。 その夫婦の別れ方、...
NO IMAGE 財産分与

慰謝料はどうやって請求すればよいのか

単に「性格の不一致」というだけでは発生しない 離婚で手にする財産としては、財産分与のほかに、慰謝料があります。財産分与は、夫婦で築いた財産に対する貢献度によって分配されるので、離婚の原 因をつくったほうが責任を問われてとり分を減額されるよ...
NO IMAGE 財産分与

財産分与の対象となる財産について知つておこう

退職金や無形財産も対象になる 財産分与の際、清算の対象となるものは以下の通りです。このうち、退職金(あるいは退職年金)については、給料の後払いという性格から、給料と同視 して財産分与の対象となりますが、退職前のケースではまだ退職金がいくら...
スポンサーリンク