相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

遺言がある場合の相続について知つておこう

遺言による相続分の指定 指定相続分とは、被相続人が遺言で指定した相続分のことです。指定された相続分が法定相続分より多い場合は、多い分が特別受益として相続分から差し引かれることになります。なお、指定相続分は法定相続分と同じ指定でも問題はあり...
NO IMAGE 相続

一定の期限を付けて財産を譲りたいとき

期限がきたら、遺言の効力が発生するようにも、消滅するようにもできる 遺言とは、遺言者が単独で行う意思表示(法律行為)です。一般の法律行為に条件や期限を付けることができるように、遺言でも「期限付きで財産を譲る」という遺言をすることができます...
NO IMAGE 相続

裁判書で遺言書を検認する

検認とは遺言書の形状・内容を保存する作業 被相続人の遺言書は、公正証書遺言を除き、家庭裁判所の検認を受けなければなりません。遺言書(公正証書による遺言を除く)を保管している人、またはこれを発見した相続人は、遺言者の死亡を知った後、遅滞なく...
NO IMAGE 相続

負担を付けて財産を譲りたいとき

財産を譲る代わりに、法律上の義務を負担させることができる 遺言者は、遺言で自由に財産を遺贈することができますが、遺贈の条件として、一定の法律上の義務を受遺者に負担させることができます。これを『負担付遺贈』といいます。 負担の内容につ...
NO IMAGE 相続

遺産を譲る相手を明確にしたいとき

親族関係なら続柄を、第三者なら住所・生年月日で譲る相手を特定する 遺言で財産を処分する場合、財産を譲る相手が「誰なのか」を特定できるように書く必要があります。遺言書は、文字だけによる情報なので、写真などで人を特定することはできません。した...
NO IMAGE 相続

利害関係のない第三者に遺産分割を委託したいとき

遺言で信頼できる人を指定し、遺産を公平に分配してもらう 遺言者は、遺言によって法定相続分とは異なる相続分を定め(相続分の指定)、またはこれを定めることを第三者に委託することができます(相続分指定の委託)。 また、遺言によって遺産分割...
NO IMAGE 相続

相続人に行方不明者がいるとき

行方不明者を除いた相続人に、すべての遺産を相続させる 被相続人が遺言を残さずに死亡した場合、残された相続人全員が参加して遺産分割協議をする必要があります。 仮に相続人のなかに行方不明者がいると、その手続きはかなり複雑になり、各相続人...
NO IMAGE 相続

残された妻に全財産を譲りたいとき

子、両親、祖父母がいない場合は、遺言で全財産を譲ることができる 妻(配偶者)の法定相続分は2分の1ですが、夫の財産は妻の内助の功があって形成されるものなので、妻に2分のI以上の財産を相続させてもおかしくありません。極端な場合、全財産を妻に...
NO IMAGE 相続

遺言書がない場合は? 遺産分割と遺産分割協議

相続人全員で遺産分割の協議をする 相続が発生すると、相続財産は、相続人全員の共有とされます。これを各相続人に個別に分配することを遺産分割といいます。このとき、遺言書が残されていなければ、相続人全員で話し合いをして遺産の分配を決めま す。話...
NO IMAGE 相続

遺産を与えたくない相続人がいるとき

遺言で相続人から廃除することを表明し、相続権を奪うことができる 遺留分を有する推定相続人のなかに、遺産を渡したくない者がいるときの対処法として、「相続人の廃除」という制度があります。廃除された相続人は、相続資格を失い、遺留分を含めたすべて...
スポンサーリンク