相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

こんな遺言書には注意しよう

遺言書の代筆は認められるか 自筆証書遺言については、遺言者本人の自筆であることが絶対条件ですから、代筆は一切認められません。たとえ署名が遺言者本人によるもので、押印が実印であったとしても、他の箇所が他人の手によって書かれていれば、その遺言...
NO IMAGE 相続

住宅ローンが残っている不動産を相続させたいとき

遺言によって、住宅ローンなどを特定の相続人に相続させることができる 遺産には、土地建物、現金、預貯金などのプラス財産と、住宅ローンや未払代金などのマイナス財産(債務)が含まれているのが一般的です。したがって、相続人は相続放棄や限定承認をし...
NO IMAGE 相続

法律上の形式に反する遺言の効力とは

ビデオやテープレコーダーを使った遺言 本人が登場して遺言内容を述べているビデオなどは、遺言として認められてもよさそうです。しかし、遺言作成の要件の1つである本人の署名押印という点にあてはまらないので、ビデオやテープレコーダーによる遺言は、...
NO IMAGE 相続

生命保険金の受取人を指定・変更したいとき

遺言で受取人を指定・変更し、遺言執行者がその旨を保険会社へ通知する 保険契約では、保険契約者が保険金受取人を自由に指定することができます。また、保険契約者なら、契約後に受取人を変更することも可能です。生命保険の場合、保険の性格からいって、...
NO IMAGE 相続

遺言書を見つけたときの手続

遺言は法定相続よりも優先する 遺言書の内容は、原則として法定相続の規定よりも優先されます。まず遺言書の有無を確認してください。相続人が知らされていない場合は、弁護士や税理士などに託されている場合もあります。そして、遺言書を見つけた場合、勝...
NO IMAGE 相続

貢献度に配慮した相続をさせたいとき

遺言や寄与分制度によって貢献度に応じた遺産の分配ができる 被相続人が農業や個人事業などを営んでいる場合、子どもの一人が家業を手伝っているというケースは決して珍しくありません。また、被相続人の療養看護を、特定の相続人が献身的に行っていたとい...
NO IMAGE 相続

遺言の効力は絶対なのか

遺言できる内容は 遺言は法定相続よりも優先されますが、遺言のすべてが法的な強制力を持つものではありません。民法では、遺言できる行為を以下の項目に限定しています。これらの事項以外のことが遺言書に書かれていた場合でも、遺言書は無効になるわけで...
NO IMAGE 相続

一定の条件を付けて財産を譲りたいとき

結婚、試験合格など具体的な条件を遺言で示しておく たとえば「姪が結婚したときは、姪に土地を与える」「司法試験に合格したら、現金100万円を祝い金として遺贈する」というような条件付きの遺言をすることがあります。遺言者の希望を相手に伝え、相手...
NO IMAGE 相続

遺言がある場合の相続について知つておこう

遺言による相続分の指定 指定相続分とは、被相続人が遺言で指定した相続分のことです。指定された相続分が法定相続分より多い場合は、多い分が特別受益として相続分から差し引かれることになります。なお、指定相続分は法定相続分と同じ指定でも問題はあり...
NO IMAGE 相続

一定の期限を付けて財産を譲りたいとき

期限がきたら、遺言の効力が発生するようにも、消滅するようにもできる 遺言とは、遺言者が単独で行う意思表示(法律行為)です。一般の法律行為に条件や期限を付けることができるように、遺言でも「期限付きで財産を譲る」という遺言をすることができます...
スポンサーリンク