相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

土地の実測や整地は生前に行う

相続財産が減少し、土地の価値が上がる 相続における、土地の評価額は、路線価方式など一定の計算方法で計算します。計算方法は基本的には実測面積で、不整形な土地などは評価減の対象となりますが、土地に樹木がある場合や、緩やかな傾斜地である場合など...
NO IMAGE 相続

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合について知つておこう

兄弟姉妹が相続する場合の相続分 被相続人に、孫や曾孫などの直系卑属も親・祖父などの直系尊属もいない場合、被相続人の配偶者と兄弟姉妹が相続します。相続分は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1の相続分となります。 兄弟姉妹が死亡していてその子...
NO IMAGE 相続

家屋の修繕も生前の相続税対策

相続財産が減少し、建物の価値が上がる 相続における、建物の評価額は「固定資産税評価額×1.0」で計算します。固定資産税評価額は、建築当初かかった建築費のおおむね50~70%です。そして、その後の年数の経過とともに、減価償却費相当分が、減額...
NO IMAGE 相続

生命保険の非課税枠を利用する

納税資金、生活資金、相続財産としても有効 生命保険といえば、「死亡」「病気」「将来」への備えというイメージが一般的ですが、実は、もう一つの「顔」が存在します。それが、「相続対策」です。生命保険が、相続対策に優れている理由ご紹介しましょう。...
NO IMAGE 相続

内縁の妻に財産を譲りたいとき

遺言によって、財産の一部、または特定の財産を遺贈することができる たとえ実生活が夫婦同然であっても、婚姻届を提出していなければ、法律上の「配偶者」とは認められず、内縁の妻ということになり、夫の遺産を相続する権利はありません。したがって、い...
NO IMAGE 相続

期間限定の贈与税の非課税枠を利用する

平成22年、平成23年のみの特例 景気対策の一環として、マイホームの購入やリフォームをするときに、両親や祖父母や曽祖父母から資金の贈与を受けた場合は、一定の金額(平成22年は1500万円、平成23年は1000万円)以下であれば贈与税を課さ...
NO IMAGE 相続

相続人の順位と範囲

法定相続人の順位と範囲は民法で定めている 「民法」という法律では、相続人になれる人の範囲を定めています。相続人には順位があり、後順位の者は先順位の者がいる場合には、相続人となることができません。亡くなった人の財産を 承継するのですから、そ...
NO IMAGE 相続

署名と押印について注意することは

署名をする 署名は自筆で氏名を書きますが、通称でもかまいません。民法では「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない」と規定しています。氏名とは戸籍上の姓名のことですが、本人だ...
NO IMAGE 相続

不動産、株式などの財産を譲りたいとき

不動産なら登記簿どおりに、株式なら企業名・発行年月日などを記載する 株式や預貯金、不動産など、同じ種類の財産を複数所有している場合には、単に「株式を譲る」と遺言書に記載しただけでは、「所有する株式のすべてなのか」「特定の会社の株式なのか」...
NO IMAGE 相続

こんな遺言書には注意しよう

遺言書の代筆は認められるか 自筆証書遺言については、遺言者本人の自筆であることが絶対条件ですから、代筆は一切認められません。たとえ署名が遺言者本人によるもので、押印が実印であったとしても、他の箇所が他人の手によって書かれていれば、その遺言...
スポンサーリンク