相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

生前贈与は110万円より111万円で

「110万円までは非課税」の落とし穴 親が子に対して毎年110万円ずつ贈与し、子供名義の預金口座に貯めておくといった話しがあります。これは、贈与税の基礎控除が110万円まで認められているためです。ですが、いざ子供がマイホームを購入するとき...
NO IMAGE 相続

相続できる順番と割合は?

相続順位によって相続できる財産の割合は異なる 相続人となる者が確認できたら、各相続人の相続分を特定していきます。相続分とは、相続することができる割合のことをいいます。被相続人が遺言により、相続分を指定した場合には、その指定した相続分が優先...
NO IMAGE 相続

「おしどり贈与」で配偶者に自宅を贈与

最高2000万円まで配偶者控除が認められる 「おしどり贈与」(贈与税の配偶者控除)とは、結婚して20年以上経った夫婦間で、自宅やその購入資金の贈与があったときは、最高2000万円まで配偶者控除が認められる制度です。贈与税の基礎控除が110...
NO IMAGE 相続

相続できる人・できない人は?

「相続」「相続人」「被相続人」とは 「相続」とは、被相続人にかかる権利義務を相続人に引き継がせることをいいます。「被相続人」とは相続される側、つまり亡くなった人のことを指し、「相続人」とは亡くなった人の財産を引き継ぐ人のことを指します。相...
NO IMAGE 相続

不動産は預貯金、有価証券より得点が多い

土地は最大80%の評価減になる 資産運用は①預貯金、②株式、③不動産の三つの資産に分散させて投資するのが望ましいといわれます。また近年は、ドルやユーロなど海外の投資商品や不動産投信も登場し、その方法は多様化しています。相続税は、亡くなった...
NO IMAGE 相続

配偶者は常に相続人である

被相続人の死亡時に配偶者なら相続する 配偶者とは、法律上の婚姻関係にある夫または妻のことです。戸籍上の配偶者であれば、常に相続人となります。相続人になるのは相続開始時の配偶者だけで、離婚した配偶者は入りませんし、内縁関係の場合にも相続権が...
NO IMAGE 相続

生前贈与には2500万円の特別控除がある

生前贈与で「争族」防止もできる 近年、財産を自由かつ適切に分けることは、財産を持つ者の権利であり、同時に、争族の防止は、財産を持つ者の義務であるという考え方が一般的になりつつあります。土地などの財産価値の増加や、兄弟姉妹の平等意識、家とい...
NO IMAGE 相続

貢献度に配慮した相続をさせたいとき

遺言や寄与分制度によって貢献度に応じた遺産の分配ができる 被相続人が農業や個人事業などを営んでいる場合、子どもの一人が家業を手伝っているというケースは決して珍しくありません。また、被相続人の療養看護を、特定の相続人が献身的に行っていたとい...
NO IMAGE 相続

遺言の効力は絶対なのか

遺言できる内容は 遺言は法定相続よりも優先されますが、遺言のすべてが法的な強制力を持つものではありません。民法では、遺言できる行為を以下の項目に限定しています。これらの事項以外のことが遺言書に書かれていた場合でも、遺言書は無効になるわけで...
NO IMAGE 相続

一定の条件を付けて財産を譲りたいとき

結婚、試験合格など具体的な条件を遺言で示しておく たとえば「姪が結婚したときは、姪に土地を与える」「司法試験に合格したら、現金100万円を祝い金として遺贈する」というような条件付きの遺言をすることがあります。遺言者の希望を相手に伝え、相手...
スポンサーリンク