相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

不動産は預貯金、有価証券より得点が多い

土地は最大80%の評価減になる 資産運用は①預貯金、②株式、③不動産の三つの資産に分散させて投資するのが望ましいといわれます。また近年は、ドルやユーロなど海外の投資商品や不動産投信も登場し、その方法は多様化しています。相続税は、亡くなった...
NO IMAGE 相続

配偶者は常に相続人である

被相続人の死亡時に配偶者なら相続する 配偶者とは、法律上の婚姻関係にある夫または妻のことです。戸籍上の配偶者であれば、常に相続人となります。相続人になるのは相続開始時の配偶者だけで、離婚した配偶者は入りませんし、内縁関係の場合にも相続権が...
NO IMAGE 相続

生前贈与には2500万円の特別控除がある

生前贈与で「争族」防止もできる 近年、財産を自由かつ適切に分けることは、財産を持つ者の権利であり、同時に、争族の防止は、財産を持つ者の義務であるという考え方が一般的になりつつあります。土地などの財産価値の増加や、兄弟姉妹の平等意識、家とい...
NO IMAGE 相続

胎児がいる場合は胎児にも相続権がある

胎児にも相続権がある 胎児もすでに生まれているものとみなされ相続人となります。相続法上は胎児はすでに生まれたものとみなされます。したがって、被相続人が死亡したときに妻の胎内に胎児がいた場合は、胎児は相続人になります。ただ、死産の場合は、相...
NO IMAGE 相続

マイホーム取得のための生前贈与には親の年齢制限がない

すべての贈与に相続時精算課税を適用できるようになる 生前贈与で相続時精算課税の適用を受けるには、親の年齢が65歳以上である必要があります。しかし、マイホームの取得に関する贈与で、条件に合致していれば親の年齢は不問です。65歳未満の親からの...
NO IMAGE 相続

認知された子は非嫡出子として相続人になる

非嫡出子も参加していないと分割は無効 遺族が知らなかった子であっても、被相続人の生前にすでに認知されていた子がいれば、非嫡出子であっても相続権があります。子であるかどうかは、相続開始時の戸籍だけではなく、古い原戸籍や除籍も調べて確認します...
NO IMAGE 相続

孫への贈与には相続税がかからない

相続開始前3年以内の贈与は相続財産になる 毎年コツコツと子どもに財産を贈与して、相続財産を減らせば、相続税を減らすことができます。しかし、相続税法では、過度な相続税対策を防止するため、相続で財産を取得した人に、相続開始前3年以内に被相続人...
NO IMAGE 相続

養子は実親と養親の両方から相続できる

養子の相続分は嫡出子と同じ 養子は実子と同様に第1順位の相続人となり、相続分も同じです。これは、養子制度では、養親と養子の間に実際の血縁がなくても親子としての血縁があるものとして取り扱うからです。なお、連れ子がいて再婚した場合は、養子縁組...
NO IMAGE 相続

相続税がかからない財産は生前に買っておく

墓地や仏壇は生前に購入しよう 墓地や仏壇、墓所、霊びょう、祭具等は、本来、財産といっても差し支えないものです。しかし、相続税法では、これらの財産は、その性格上、非課税財産として相続財産から除かれます。仮に、相続時に現金が500万円あれば、...
NO IMAGE 相続

配偶者と直系尊属が相続人の場合を知つておこう

直系尊属が相続する場合と相続分 被相続人に子や孫などの代襲相続人がいない場合は、配偶者が3分の2、直系尊属が全員で3分の1の割合で相続します。直系尊属が何人いようと、配偶者の3分の2は変わりません。 直系尊属の相続順位は、第1位が親です。...
スポンサーリンク