相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

マイホーム取得のための生前贈与には親の年齢制限がない

すべての贈与に相続時精算課税を適用できるようになる 生前贈与で相続時精算課税の適用を受けるには、親の年齢が65歳以上である必要があります。しかし、マイホームの取得に関する贈与で、条件に合致していれば親の年齢は不問です。65歳未満の親からの...
NO IMAGE 相続

認知された子は非嫡出子として相続人になる

非嫡出子も参加していないと分割は無効 遺族が知らなかった子であっても、被相続人の生前にすでに認知されていた子がいれば、非嫡出子であっても相続権があります。子であるかどうかは、相続開始時の戸籍だけではなく、古い原戸籍や除籍も調べて確認します...
NO IMAGE 相続

孫への贈与には相続税がかからない

相続開始前3年以内の贈与は相続財産になる 毎年コツコツと子どもに財産を贈与して、相続財産を減らせば、相続税を減らすことができます。しかし、相続税法では、過度な相続税対策を防止するため、相続で財産を取得した人に、相続開始前3年以内に被相続人...
NO IMAGE 相続

養子は実親と養親の両方から相続できる

養子の相続分は嫡出子と同じ 養子は実子と同様に第1順位の相続人となり、相続分も同じです。これは、養子制度では、養親と養子の間に実際の血縁がなくても親子としての血縁があるものとして取り扱うからです。なお、連れ子がいて再婚した場合は、養子縁組...
NO IMAGE 相続

相続税がかからない財産は生前に買っておく

墓地や仏壇は生前に購入しよう 墓地や仏壇、墓所、霊びょう、祭具等は、本来、財産といっても差し支えないものです。しかし、相続税法では、これらの財産は、その性格上、非課税財産として相続財産から除かれます。仮に、相続時に現金が500万円あれば、...
NO IMAGE 相続

配偶者と直系尊属が相続人の場合を知つておこう

直系尊属が相続する場合と相続分 被相続人に子や孫などの代襲相続人がいない場合は、配偶者が3分の2、直系尊属が全員で3分の1の割合で相続します。直系尊属が何人いようと、配偶者の3分の2は変わりません。 直系尊属の相続順位は、第1位が親です。...
NO IMAGE 相続

土地の実測や整地は生前に行う

相続財産が減少し、土地の価値が上がる 相続における、土地の評価額は、路線価方式など一定の計算方法で計算します。計算方法は基本的には実測面積で、不整形な土地などは評価減の対象となりますが、土地に樹木がある場合や、緩やかな傾斜地である場合など...
NO IMAGE 相続

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合について知つておこう

兄弟姉妹が相続する場合の相続分 被相続人に、孫や曾孫などの直系卑属も親・祖父などの直系尊属もいない場合、被相続人の配偶者と兄弟姉妹が相続します。相続分は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1の相続分となります。 兄弟姉妹が死亡していてその子...
NO IMAGE 相続

家屋の修繕も生前の相続税対策

相続財産が減少し、建物の価値が上がる 相続における、建物の評価額は「固定資産税評価額×1.0」で計算します。固定資産税評価額は、建築当初かかった建築費のおおむね50~70%です。そして、その後の年数の経過とともに、減価償却費相当分が、減額...
NO IMAGE 相続

生命保険の非課税枠を利用する

納税資金、生活資金、相続財産としても有効 生命保険といえば、「死亡」「病気」「将来」への備えというイメージが一般的ですが、実は、もう一つの「顔」が存在します。それが、「相続対策」です。生命保険が、相続対策に優れている理由ご紹介しましょう。...
スポンサーリンク