相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

養子縁組で相続税が減らせる

子供の数が増えれば基礎控除額が増える 相続税は、相続財産の価格が、相続税の基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続人の数)を超えた場合に、その超えた価格に対して課税されます。基礎控除額は、子供の数が増加すれば金額が増えます。また、...
NO IMAGE 相続

売却しやすい更地を準備して納税対策

納税の基本は現金一括払い 相続税の申告は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に行う必要があります。そして、原則として、この申告日までに、現金で一括して納税しなければなりません。反対に、仮に相続財産より債務が多い場合は、...
NO IMAGE 相続

駐車場をアパート専用にすると評価額が下がる

アパートと一体の評価で評価額が下がる 相続財産となる土地の相続税額は、その土地の利用単位ごとに評価します。賃貸アパートの敷地は、貸付け用建物の敷地である貸家建付地として評価し、居住用の建物が建っている敷地は自用地(更地と同様)として評価し...
NO IMAGE 相続

収益物件を生前贈与しよう

アパートを贈与すれば子どもに財産が蓄積する 生前贈与の方法として、相続時精算課税という制度を紹介しました。贈与額が2500万円以下であれば、贈与税がかからず、贈与できるという制度です(親の年齢が65歳以上等の条件があります)。ただし、この...
NO IMAGE 相続

財産目録を定期的に作ろう

財産目録を作り、相続税の予定額を把握する 相続が発生すると、相続人はタイトなスケジュールの中で財産・債務の調査や分割の方針を定めなければなりません。被相続人が会社の社長や事業主である場合には、事業の承継などやるべきことはさらに複雑化します...
NO IMAGE 相続

相続税が課税される人・されない人

基礎控除を超える財産を所有していると相続税がかかる 相続税は、相続によって財産を取得したすべての人に課税されるものではありません。 相続財産を一定額以上相続した場合のみ、課税の対象になります。この一定額以下、すなわちこの額までは税金がか...
NO IMAGE 相続

マイホーム取得のための生前贈与には親の年齢制限がない

すべての贈与に相続時精算課税を適用できるようになる 生前贈与で相続時精算課税の適用を受けるには、親の年齢が65歳以上である必要があります。しかし、マイホームの取得に関する贈与で、条件に合致していれば親の年齢は不問です。65歳未満の親からの...
NO IMAGE 相続

認知された子は非嫡出子として相続人になる

非嫡出子も参加していないと分割は無効 遺族が知らなかった子であっても、被相続人の生前にすでに認知されていた子がいれば、非嫡出子であっても相続権があります。子であるかどうかは、相続開始時の戸籍だけではなく、古い原戸籍や除籍も調べて確認します...
NO IMAGE 相続

孫への贈与には相続税がかからない

相続開始前3年以内の贈与は相続財産になる 毎年コツコツと子どもに財産を贈与して、相続財産を減らせば、相続税を減らすことができます。しかし、相続税法では、過度な相続税対策を防止するため、相続で財産を取得した人に、相続開始前3年以内に被相続人...
NO IMAGE 相続

養子は実親と養親の両方から相続できる

養子の相続分は嫡出子と同じ 養子は実子と同様に第1順位の相続人となり、相続分も同じです。これは、養子制度では、養親と養子の間に実際の血縁がなくても親子としての血縁があるものとして取り扱うからです。なお、連れ子がいて再婚した場合は、養子縁組...
スポンサーリンク