相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

売却しやすい更地を準備して納税対策

納税の基本は現金一括払い 相続税の申告は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に行う必要があります。そして、原則として、この申告日までに、現金で一括して納税しなければなりません。反対に、仮に相続財産より債務が多い場合は、...
NO IMAGE 相続

駐車場をアパート専用にすると評価額が下がる

アパートと一体の評価で評価額が下がる 相続財産となる土地の相続税額は、その土地の利用単位ごとに評価します。賃貸アパートの敷地は、貸付け用建物の敷地である貸家建付地として評価し、居住用の建物が建っている敷地は自用地(更地と同様)として評価し...
NO IMAGE 相続

収益物件を生前贈与しよう

アパートを贈与すれば子どもに財産が蓄積する 生前贈与の方法として、相続時精算課税という制度を紹介しました。贈与額が2500万円以下であれば、贈与税がかからず、贈与できるという制度です(親の年齢が65歳以上等の条件があります)。ただし、この...
NO IMAGE 相続

財産目録を定期的に作ろう

財産目録を作り、相続税の予定額を把握する 相続が発生すると、相続人はタイトなスケジュールの中で財産・債務の調査や分割の方針を定めなければなりません。被相続人が会社の社長や事業主である場合には、事業の承継などやるべきことはさらに複雑化します...
NO IMAGE 相続

相続税が課税される人・されない人

基礎控除を超える財産を所有していると相続税がかかる 相続税は、相続によって財産を取得したすべての人に課税されるものではありません。 相続財産を一定額以上相続した場合のみ、課税の対象になります。この一定額以下、すなわちこの額までは税金がか...
NO IMAGE 相続

特典を受ける人は納税の必要がなくても申告しなければならない

特例の適用がなく、納税の必要がなければ申告は不要 相続税は、相続財産が基礎控除額「5000万円+1000万円×法定相続人の数」を超えた場合に課税されます。 この基礎控除額を超えた場合、申告と納税をしなければなりません。 言い換えれば、...
NO IMAGE 相続

養子は実親と養親の両方から相続できる

養子の相続分は嫡出子と同じ 養子は実子と同様に第1順位の相続人となり、相続分も同じです。これは、養子制度では、養親と養子の間に実際の血縁がなくても親子としての血縁があるものとして取り扱うからです。なお、連れ子がいて再婚した場合は、養子縁組...
NO IMAGE 相続

相続税がかからない財産は生前に買っておく

墓地や仏壇は生前に購入しよう 墓地や仏壇、墓所、霊びょう、祭具等は、本来、財産といっても差し支えないものです。しかし、相続税法では、これらの財産は、その性格上、非課税財産として相続財産から除かれます。仮に、相続時に現金が500万円あれば、...
NO IMAGE 相続

配偶者と直系尊属が相続人の場合を知つておこう

直系尊属が相続する場合と相続分 被相続人に子や孫などの代襲相続人がいない場合は、配偶者が3分の2、直系尊属が全員で3分の1の割合で相続します。直系尊属が何人いようと、配偶者の3分の2は変わりません。 直系尊属の相続順位は、第1位が親です。...
NO IMAGE 相続

土地の実測や整地は生前に行う

相続財産が減少し、土地の価値が上がる 相続における、土地の評価額は、路線価方式など一定の計算方法で計算します。計算方法は基本的には実測面積で、不整形な土地などは評価減の対象となりますが、土地に樹木がある場合や、緩やかな傾斜地である場合など...
スポンサーリンク