相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

駐車場をアパート専用にすると評価額が下がる

アパートと一体の評価で評価額が下がる 相続財産となる土地の相続税額は、その土地の利用単位ごとに評価します。賃貸アパートの敷地は、貸付け用建物の敷地である貸家建付地として評価し、居住用の建物が建っている敷地は自用地(更地と同様)として評価し...
NO IMAGE 相続

収益物件を生前贈与しよう

アパートを贈与すれば子どもに財産が蓄積する 生前贈与の方法として、相続時精算課税という制度を紹介しました。贈与額が2500万円以下であれば、贈与税がかからず、贈与できるという制度です(親の年齢が65歳以上等の条件があります)。ただし、この...
NO IMAGE 相続

財産目録を定期的に作ろう

財産目録を作り、相続税の予定額を把握する 相続が発生すると、相続人はタイトなスケジュールの中で財産・債務の調査や分割の方針を定めなければなりません。被相続人が会社の社長や事業主である場合には、事業の承継などやるべきことはさらに複雑化します...
NO IMAGE 相続

相続税が課税される人・されない人

基礎控除を超える財産を所有していると相続税がかかる 相続税は、相続によって財産を取得したすべての人に課税されるものではありません。 相続財産を一定額以上相続した場合のみ、課税の対象になります。この一定額以下、すなわちこの額までは税金がか...
NO IMAGE 相続

特典を受ける人は納税の必要がなくても申告しなければならない

特例の適用がなく、納税の必要がなければ申告は不要 相続税は、相続財産が基礎控除額「5000万円+1000万円×法定相続人の数」を超えた場合に課税されます。 この基礎控除額を超えた場合、申告と納税をしなければなりません。 言い換えれば、...
NO IMAGE 相続

相続税の税額を計算する

相続税がかかる人と財産 相続税とは、被相続人の財産を相続または遺贈によって取得した人に対してかかる税金です。 個人間の資産格差を調整するため、一定金額を超える財産を取得した場合には、相続した財産から一定額が相続税として納税されます。 ...
NO IMAGE 相続

家屋の修繕も生前の相続税対策

相続財産が減少し、建物の価値が上がる 相続における、建物の評価額は「固定資産税評価額×1.0」で計算します。固定資産税評価額は、建築当初かかった建築費のおおむね50~70%です。そして、その後の年数の経過とともに、減価償却費相当分が、減額...
NO IMAGE 相続

生命保険の非課税枠を利用する

納税資金、生活資金、相続財産としても有効 生命保険といえば、「死亡」「病気」「将来」への備えというイメージが一般的ですが、実は、もう一つの「顔」が存在します。それが、「相続対策」です。生命保険が、相続対策に優れている理由ご紹介しましょう。...
NO IMAGE 相続

内縁の妻に財産を譲りたいとき

遺言によって、財産の一部、または特定の財産を遺贈することができる たとえ実生活が夫婦同然であっても、婚姻届を提出していなければ、法律上の「配偶者」とは認められず、内縁の妻ということになり、夫の遺産を相続する権利はありません。したがって、い...
NO IMAGE 相続

期間限定の贈与税の非課税枠を利用する

平成22年、平成23年のみの特例 景気対策の一環として、マイホームの購入やリフォームをするときに、両親や祖父母や曽祖父母から資金の贈与を受けた場合は、一定の金額(平成22年は1500万円、平成23年は1000万円)以下であれば贈与税を課さ...
スポンサーリンク