相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

相続放棄とは

相続放棄とは 相続財産は積極財産と消極財産、すなわちプラスの財産(土地・宝石・現金など)とマイナス財産(借金)で構成されています。 借金もれっきとした相続財産ですから、被相続人の死亡によって、相続人はその借金(債務という)を承継してしま...
NO IMAGE 相続

家庭裁判所の利用方法を知つておこう

遺産分割協議がまとまらないときは家庭裁判所へ行く 初めから協議ができない場合や遺産分割協議がうまくまとまらない場合は、家庭裁判所に「遺産分割の調停申立」か「遺産分割の審判申立」をすることができます。ただし、相続放棄する人がいる場合や遺言に...
NO IMAGE 相続

失踪宣告の他にも死亡を認定する方法がある

災害によって生死が不明な場合には特別失踪 戸籍の死亡の記載は死亡届によって行われます。死亡届には、原則として死亡診断書か死体検案書を添付し、死後7日以内に提出します。ところが、自然災害や戦争で、死体が発見できないため、死亡診断書や死体検案...
NO IMAGE 相続

紛争の内容により申し立てる裁判所が異なる

調停や審判と訴訟では申立てる裁判所が違う 相続に関する紛争は、家庭裁判所の家事調停及び審判と地方裁判所の訴訟の2つに分かれます。まず、家庭裁判所の扱いとなる紛争は、前述のように甲類と乙類に分類されています。乙類に分類される、遺産分割、寄与...
NO IMAGE 相続

相続手続の基本

相続とは何か 相続とは、簡単に言えば「親の財産を受け継ぐこと」「死亡した人の遺産(財産)を相続人がもらうこと」です。民法という法律では、「相続人は、相続開始のときから、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」と定めています(民法8...
NO IMAGE 相続

人が死亡したときの手続

人が死亡したときの手続 被相続人が亡くなると、死亡を確認して、 死亡届を提出し、亡くなった人を送り出す葬儀を行います。 自宅で亡くなったときは、119番通報をして病院へ運んでもらった後、医師に死亡を確認してもらいます。この場合、死亡診断書...
NO IMAGE 相続

被相続人の死亡をめぐる問題点を知つておこう

被相続人の死亡時とは 死亡については、死亡者の識別(本人について死亡の事実の有無)、死亡日時、脳死、同時死亡、失踪などの問題があります。問題がある場合には戸籍の記載によることになりますし、家庭裁判所の扱いも通 常とは違います。ただし、争い...
スポンサーリンク