相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

相続人がいない場合の遺産の処置は

相続人不存在とは 相続人不存在とは、配偶者と血族の両方がともにいないということです。子が死亡したときは、その配偶者など同居の親族がいても、相続人がいることにはなりません。なお、法的に被相続人の子の配偶者は相続人にも代襲相続人にもなりません...
NO IMAGE 相続

相続財産とその評価について知つておこう

被相続人の財産にも相続できないものがある 相続とは、相続人が、被相続人のもっているプラスの財産(権利)とマイナスの財産(義務)をすべて引き継ぐことです。ただ、被相続人の財産であっても、相続できない財産もあります。一身専属権と使用貸借権の2...
NO IMAGE 相続

贈与契約とは

贈与契約とは 贈与とは、簡単に言ってしまえばプレゼントの事です。民法では、「贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償にて相手方に与える意思表示をし、相手方が受諾を為すによってその効力を生ずる契約である」と規定しています。 贈与はある人...
NO IMAGE 相続

どのくらい遺産があると相続税を支払う必要があるのか

相続税を納めるのは相続人だけではない 遺産が一定額(基礎控除額)より少なければ、相続税を納める必要はありませんが、遺産総額が、基礎控除額を超える場合には、申告して納税しなければなりません(逆に遺産額が基礎控除額以下だと相続税は無償になりま...
NO IMAGE 相続

相続手続の基本

相続とは何か 相続とは、簡単に言えば「親の財産を受け継ぐこと」「死亡した人の遺産(財産)を相続人がもらうこと」です。民法という法律では、「相続人は、相続開始のときから、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」と定めています(民法8...
NO IMAGE 相続

人が死亡したときの手続

人が死亡したときの手続 被相続人が亡くなると、死亡を確認して、 死亡届を提出し、亡くなった人を送り出す葬儀を行います。 自宅で亡くなったときは、119番通報をして病院へ運んでもらった後、医師に死亡を確認してもらいます。この場合、死亡診断書...
NO IMAGE 相続

被相続人の死亡をめぐる問題点を知つておこう

被相続人の死亡時とは 死亡については、死亡者の識別(本人について死亡の事実の有無)、死亡日時、脳死、同時死亡、失踪などの問題があります。問題がある場合には戸籍の記載によることになりますし、家庭裁判所の扱いも通 常とは違います。ただし、争い...
スポンサーリンク