相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

遺留分とは

遺留分とは 兄弟姉妹以外の法定相続人には遺言によって影響されない遺留分といわれるものがあります。遺留分は、直系尊属だけが法定相続人である場合は、相続財産の3分の1、それ以外の場合は、相続財産の2分の1です。 配偶者と直系卑属の場合、...
NO IMAGE 相続

相続回復請求権を行使する

相続回復請求権を行使する たとえば、「相続分がないことの証明書」を偽造された場合や、相続人であることを無視された場合には、侵害された相続を受ける権利の回復を求めることになります。この権利を相続回復請求権といいます。 この相続回復請求...
NO IMAGE 相続

代襲相続

代襲相続とは 民法では、「代襲相続」という制度を設け、被相続人の子が相続開始以前に死亡したときは、死亡した子の子、つまり被相続人の孫に相続権を認めています。この場合の孫を「代襲相続人」、死亡した子を 「被代襲者」といいます。 再代襲相続...
NO IMAGE 相続

トラブルになったら内容証明郵便を出してみる

内容証明郵便とは 内容証明郵便は、「だれが、どんな内容の郵便を、だれに送ったの か」を郵便局が証明してくれる特殊な郵便です。 郵便は、正確かつ確実な手段ですが、それでも、ごくまれに配達され ないこともあります。そうなると、後々そんな郵便は...
NO IMAGE 相続

相続放棄とは

相続放棄とは 相続財産は積極財産と消極財産、すなわちプラスの財産(土地・宝石・現金など)とマイナス財産(借金)で構成されています。 借金もれっきとした相続財産ですから、被相続人の死亡によって、相続人はその借金(債務という)を承継してしま...
NO IMAGE 相続

家庭裁判所の利用方法を知つておこう

遺産分割協議がまとまらないときは家庭裁判所へ行く 初めから協議ができない場合や遺産分割協議がうまくまとまらない場合は、家庭裁判所に「遺産分割の調停申立」か「遺産分割の審判申立」をすることができます。ただし、相続放棄する人がいる場合や遺言に...
NO IMAGE 相続

失踪宣告の他にも死亡を認定する方法がある

災害によって生死が不明な場合には特別失踪 戸籍の死亡の記載は死亡届によって行われます。死亡届には、原則として死亡診断書か死体検案書を添付し、死後7日以内に提出します。ところが、自然災害や戦争で、死体が発見できないため、死亡診断書や死体検案...
NO IMAGE 相続

紛争の内容により申し立てる裁判所が異なる

調停や審判と訴訟では申立てる裁判所が違う 相続に関する紛争は、家庭裁判所の家事調停及び審判と地方裁判所の訴訟の2つに分かれます。まず、家庭裁判所の扱いとなる紛争は、前述のように甲類と乙類に分類されています。乙類に分類される、遺産分割、寄与...
NO IMAGE 相続

相続による名義変更の手続き

金融機関の名義変更手続きについて 故人名義の口座は、いったん凍結され、遺産保全のために遺産分割 が確定するまで現金の引き出しができなくなります。凍結されるタイミングは、故人の死亡を銀行などの金融機関に届け出た時点か銀行が確認した時点です。...
NO IMAGE 相続

相続紛争を訴訟により解決する場合の手続き

訴訟を起こすには、訴状を裁判所に提出する 提出する訴状は、正本1通、被告の数の副本です。不動産関係の事件の場合には、不動産の登記簿謄本と訴状に貼る印紙額の算定資料として、固定資産評価証明書、当事者が法人の場合には、法人の商業登記簿謄本も添...
スポンサーリンク