相続

スポンサーリンク
NO IMAGE 相続

相続人以外の人にも財産を譲りたいとき

財産の一定割合を譲る「包括遺贈」と、特定の財産を譲る『特定遺贈』とがある 遺言によって、他人(相続人も含む)に財産を譲ることを『遺贈』といいます。遺贈には、財産の 譲り方によって、次のような二つの方法があります。 包括遺贈 ...
NO IMAGE 相続

相続税申告書に記入する

申告書は税務署に行き入手しなければならない 相続税の申告は、相続税の申告書に必要事項を記入して、行う必要があります。 この申告書は、税務署の資産税係で入手することができます。相続が発生すると、申告書がいつでも自動的に送られてくるわけ...
NO IMAGE 相続

相続税がかかる財産・かからない財産・控除される債務

相続財産とみなされる財産がある 相続によって取得した財産は、相続税の課税対象となります。 土地、建物、現預金、有価証券などの財産の他、相続開始前3年以内に被相続人から贈与により取得した財産や、相続時精算課税制度によって生前に贈与を受...
NO IMAGE 相続

預貯金の「申告漏れ」に注意しよう

「過去に収入のない配偶者名義の預貯金」を「配偶者の所有」にするには 預貯金や株式で相続財産とされるのは、相続開始時に現存している被相続人名義のもので、基本的に被相続人名義以外の預貯金や株式は対象外です。 ですが、現実には、この被相収...
NO IMAGE 相続

生命保険金・死亡退職金は相続財産になる

死亡保険金はみなし相続財産 相続税は、被相続人が死亡時に現に所有していた財産に対して課税されるのが原則です。 ただし、被相続人の死亡により受け取る死亡保険金のうち、被相続人が自身を被保険者とし、自身が保険料を負担していたものについて...
NO IMAGE 相続

解約返戻金も相続財産になる

解約返戻金は「生命保険契約に関する権利の価額」と同額 被相続人が保険料を負担している保険契約で、被保険者が配偶者や子供などである場合、相続開始時には、保険料負担者が死亡しているけれども、まだ、配偶者や子供などに保険事故が発生していない状況...
NO IMAGE 相続

生前贈与財産は相続財産に加算する

おしどり贈与による贈与財産は加算されない 相続・遺贈で財産を取得した人が、相続開始前3年以内に被相続人から贈与された財産がある場合、その財産は、相続財産に加算して相続税を計算します。 この場合、贈与税の非課税となる基礎控除額(年間1...
NO IMAGE 相続

債務・葬儀費用は相続財産から控除する

相続人の所得税、固定資産税は控除可能 被相続人の借入金などの債務や被相続人について要した葬儀費用は、遺産総額から控除され、控除された価格をもとに相続税が計算されます。 控除することができる債務は、被相続人が死亡したとき現存する債務で...
NO IMAGE 相続

相続税の税額を計算する

相続税がかかる人と財産 相続税とは、被相続人の財産を相続または遺贈によって取得した人に対してかかる税金です。 個人間の資産格差を調整するため、一定金額を超える財産を取得した場合には、相続した財産から一定額が相続税として納税されます。 ...
NO IMAGE 相続

養子縁組で相続税が減らせる

子供の数が増えれば基礎控除額が増える 相続税は、相続財産の価格が、相続税の基礎控除額(5000万円+1000万円×法定相続人の数)を超えた場合に、その超えた価格に対して課税されます。基礎控除額は、子供の数が増加すれば金額が増えます。また、...
スポンサーリンク