公正証書

スポンサーリンク
NO IMAGE 公正証書

借地契約の公正証書の作り方

借地契約とは何か 借地契約とは、読んで字のごとく、土地を借りる契約です。契約上の分類では、民法で規定している賃貸借契約または地上権設定契約となります。ただ、賃貸借契約または地上権設定契約とはいっても、民法の規定がすべてそのまま適用されるこ...
NO IMAGE 公正証書

強制執行を活用する

債務者の財産を差し押さえてもらうことができる 山田さんは、鈴木さんに対して卸売りした商品の売掛金債権を、公正証書にしておきました。しかも、その公正証書には、執行認諾約款がつけられていました。鈴木さんは「もう少し、待って欲しい」と言って逃げ...
NO IMAGE 公正証書

定期借地契約の公正証書の作り方

定期借地権制度ができるまで 不動産をめぐる賃貸借・地上権関係では、賃借人(借地人・借家人)・地上権者(借地人)は一般的に弱い立場にあります。そこに配慮して、戦前から、不動産賃貸借については、「借地法」、「借家法」、「建物保護ニ関スル法律」...
NO IMAGE 公正証書

どんな公正証書であれば強制執行できるか

どんなものが債務名義なのか 山田さんは事業を拡張するために、新店舗となる建物を購入しました。契約内容も正式に公正証書にしておきました。しかし、約束の期日が過ぎても、売主が登記の移転手続きや建物の引渡しをしてくれません。このままでは、事業計...
NO IMAGE 公正証書

リース・レンタルについての公正証書の作り方

オフィスなどで活用されている契約 山田さんはIT関連の会社を興して経営していますが、売上げも順調に伸びてきました。従業員の数や資金も充実してきたため、いよいよ株式を上場しようと決めました。上場する以上は、今までのような陣容では不十分です。...
NO IMAGE 公正証書

だれが強制執行するのか

裁判所と執行官について 強制執行を担当する執行機関には、「裁判所」と「執行官」の二つがあります。強制執行は、普通の裁判のように法廷で当事者が対峙して、それに対して判決を下すという場面とは異なります。ここでは、財産の処分という実力行使がなさ...
NO IMAGE 公正証書

使用貸借契約の公正証書の作り方

使用貸借契約とは何か 賃料をとらず、ただで物を貸し借りする契約を「使用貸借契約」といいます。不動産が目的であっても、賃料の支払いがないので、「借地借家法」の適用はありません。民法の規定がそのまま適用されます。使用貸借契約が結ばれる背景には...
NO IMAGE 公正証書

執行文の取り方を知っておこう

なぜ執行文が必要になるのか 公正証書に、債務者が債務を履行しない場合には強制執行をしてもよいという執行認諾約款がつけられていると、それは「執行証書」と呼ばれます。では、いざ債務者が債務を履行しないのであれば、すぐに、執行証書を根拠に強制執...
NO IMAGE 公正証書

個人会社の全株式の譲渡をする旨の株式譲渡契約公正証書

株式譲渡契約とは 本項では典型的個人企業である一人会社の株式譲渡をとりあげます。一人会社とは、株主が一人の会社をいいますが、一人会社の全株式を譲渡するということは、包括的に会社そのものを譲渡するという意味を有します。 株式譲渡契約公...
NO IMAGE 公正証書

駐車場賃貸借契約公正証書

駐車場賃貸借契約とは 駐車場賃貸借契約には、建物所有を目的とするものではないため、借地借家法の適用はありません。そのため、賃借人の立場は基本的に弱いものとならざるを得ません。たとえば、賃貸人の解約申入れに正当事由は必要なく、理由のいかんに...
スポンサーリンク