公正証書

スポンサーリンク
NO IMAGE 公正証書

公正証書にしたときのメリットについて

強制執行できたり証拠になったりする 山田さんは、かなり古い一戸建てを所有しており、それを賃貸物件としていました。前の賃借人が引き払ってからというもの、なかなか借り手がつかなかったのですが、賃料を格安にしたところ、若夫婦の鈴木夫妻が入居を申...
NO IMAGE 公正証書

扶養に関する公正証書の作り方

扶養契約とはどんな契約なのか Mは実家を出て会社を経営していますが、実家には寝たきりの父親がいます。今後、寝たきりの父親を扶養しなければならないので、兄弟姉妹が集まって相談することになりました。兄弟姉妹それぞれに事情もあり、だれがどのよう...
NO IMAGE 公正証書

借家契約の公正証書の作り方

借家契約とは 俗に「借家契約」などと呼ばれていますが、法律的には「賃貸借契約」の一種です。「建物賃貸借」ともいわれます。もっとも、建物賃貸借といっても、種類は様々です。一軒家を賃貸する場合もあれば、集合住宅の一室を賃貸する場合もあります。...
NO IMAGE 公正証書

示談・和解の公正証書の作り方

和解契約とはどんな契約なのか 雑誌記者をしているCは、仕事を終えて愛車で帰宅する途中、交通事故にあってケガを負ってしまいました。入院するほどではなかったのですが、しばらく通院による治療が必要になりました。もちろん、愛車も損傷を受けています...
NO IMAGE 公正証書

公証人の仕事② 確定日付

債権は譲渡できるのが原則 確定日付とは、簡単にいえば当事者間で後から変更することができず、第三者に対してもその作成日を主張することができる日付のことです。確定日付が要求される場合として、①指名債権(債権者が決まっている債権)を譲渡したり債...
NO IMAGE 公正証書

借地契約の公正証書の作り方

借地契約とは何か 借地契約とは、読んで字のごとく、土地を借りる契約です。契約上の分類では、民法で規定している賃貸借契約または地上権設定契約となります。ただ、賃貸借契約または地上権設定契約とはいっても、民法の規定がすべてそのまま適用されるこ...
NO IMAGE 公正証書

強制執行を活用する

債務者の財産を差し押さえてもらうことができる 山田さんは、鈴木さんに対して卸売りした商品の売掛金債権を、公正証書にしておきました。しかも、その公正証書には、執行認諾約款がつけられていました。鈴木さんは「もう少し、待って欲しい」と言って逃げ...
NO IMAGE 公正証書

定期借地契約の公正証書の作り方

定期借地権制度ができるまで 不動産をめぐる賃貸借・地上権関係では、賃借人(借地人・借家人)・地上権者(借地人)は一般的に弱い立場にあります。そこに配慮して、戦前から、不動産賃貸借については、「借地法」、「借家法」、「建物保護ニ関スル法律」...
NO IMAGE 公正証書

どんな公正証書であれば強制執行できるか

どんなものが債務名義なのか 山田さんは事業を拡張するために、新店舗となる建物を購入しました。契約内容も正式に公正証書にしておきました。しかし、約束の期日が過ぎても、売主が登記の移転手続きや建物の引渡しをしてくれません。このままでは、事業計...
NO IMAGE 公正証書

リース・レンタルについての公正証書の作り方

オフィスなどで活用されている契約 山田さんはIT関連の会社を興して経営していますが、売上げも順調に伸びてきました。従業員の数や資金も充実してきたため、いよいよ株式を上場しようと決めました。上場する以上は、今までのような陣容では不十分です。...
スポンサーリンク