公正証書

スポンサーリンク
NO IMAGE 公正証書

商品保管の継続的寄託契約公正証書

継続的寄託契約とは 寄託契約とは、受寄者(物を預かる人)が寄託者(預ける人)のためにある物の保管をなす事を約した上、その物を受け取ることによって成立する契約です(このような契約を要物契約といいます)。 商品寄託契約公正証書 本公証...
NO IMAGE 公正証書

準消費貸借契約公正証書

準消費貸借契約とは なかなか支払ってもらえない売掛金債権は、準消費貸借に切り換えるという手があります。とくに金銭消費貸借というのは、お金の貸し借りのことをいうのですが、「準消費貸借」というのは、簡単にいえば、支払ってもらえない代金を、「貸...
NO IMAGE 公正証書

交通事故(人身事故)の示談契約公正証書

示談契約とは 話し合いによる紛争の解決を示談といいます。示談書では、それがどの事故についてのものなのかを特定する必要があります。 示談公正証書 本公証人は、当事者の嘱託により、その法律行為に関する陳述の趣旨を縁取し、この証書を作成...
NO IMAGE 公正証書

公正証書とはどんなものか

いざというときに有力な証拠になる 私たちは日常生活の中で他人と約束を交わすことがしばしばあります。そうした約束は、多くの場合、「契約」として法律的にとらえることができます。親しい友人との間でお金の貸し借りをしたり、一冊の本を貸し借りするの...
NO IMAGE 公正証書

どんな内容でも公正証書にできるのか

どのようなことが公正証書にできるのか 公正証書は、公証役場で公証人が作成するため、信用性の高い文書とされています。ですから、なるべく積極的に利用してみたいと思う人も多いでしょう。では、どのような内容のものを公正証書にすることができるのでし...
NO IMAGE 公正証書

金銭消費貸借の公正証書

金銭の授受や返還約束など要件をしっかり押さえておく ここでは、通常のお金の貸し借りをした金の公正証書、法律的にいえば「金銭消費貸借契約」(借主が貸主から受け取った金銭と同額の金銭を返還する契約)を締結したときの公正証書の作成の仕方を説明す...
NO IMAGE 公正証書

公正証書にするとどんな効力があるのか

証拠としての効力や債務名義としての効力がある 公正証書の効力は、大きく、法律上の効力と事実上の効力に分けられます。公正証書の持つ法律上の効力については、民事訴訟法や民事執行法という法律に規定されています。事実上の効力は、これら法律上の効力...
NO IMAGE 公正証書

準消費貸借契約公正証書

準消費貸借契約の公正証書を作成する 前述で、不慮の事故にあって資金難になった会社の例を挙げました。資金難になると、これらの仕入れにも困りますが、これまでに仕入れた製品の代金支払も困ることになります。考えられる方法としては、経営が安定するま...
NO IMAGE 公正証書

どこへ行けば公正証書を作ってもらえるのか

公証役場へ行って嘱託する 公正証書は、私人が勝手に作成することはできません。資格を持った公証人に嘱託(依頼 )して作成してもらうことになります。では、公証人にはどこへ行けば会えるのでしょうか。公証人は、公証役場で職務を行っています。公証役...
NO IMAGE 公正証書

債務弁済契約公正証書

万一の場合に備えてする契約 債務者が負担している債務について、その返済方法を改めて決める契約を「債務弁済契約」といいます。万が一のときに備えて、この契約を公正証書にしておくわけです。実質的には、金銭消費貸借契約の場合と大差はありません。 ...
スポンサーリンク