公正証書

スポンサーリンク
NO IMAGE 公正証書

定期建物賃貸借契約公正証書

定期建物賃貸借契約 建物賃貸借の場合にも、更新のない建物賃貸借が認められています。これを定期建物賃貸借といいます。たとえば、「会社員が3年間の海外勤務の間だけ自宅を他人に貸したい」とか、「古くなった建物を取壊すまでの間だけ貸したい」、とい...
NO IMAGE 公正証書

商号譲渡契約公正証書

必要事項を記載しなければ譲渡ができない 商号を譲渡できるのは、①営業とともに譲渡する場合か、②営業を廃止する場合の2つです。商号を譲渡する場合には、以下の5つを記載することが必要です。 ① 当事者の氏名と住所 譲渡人と譲受人の氏名...
NO IMAGE 公正証書

金銭消費貸借・連帯保証契約公正証書

金銭消費貸借・連帯保証契約とは まず、利率を定めている場合は、貸主はその利率の利息を請求することができます。これを約定利息といいます。利息制限法に違反するような高利の約定は無効です。利率を具体的に決めていないときは、商事取引(企業間の取引...
NO IMAGE 公正証書

商品保管の継続的寄託契約公正証書

継続的寄託契約とは 寄託契約とは、受寄者(物を預かる人)が寄託者(預ける人)のためにある物の保管をなす事を約した上、その物を受け取ることによって成立する契約です(このような契約を要物契約といいます)。 商品寄託契約公正証書 本公証...
NO IMAGE 公正証書

準消費貸借契約公正証書

準消費貸借契約とは なかなか支払ってもらえない売掛金債権は、準消費貸借に切り換えるという手があります。とくに金銭消費貸借というのは、お金の貸し借りのことをいうのですが、「準消費貸借」というのは、簡単にいえば、支払ってもらえない代金を、「貸...
NO IMAGE 公正証書

交通事故(人身事故)の示談契約公正証書

示談契約とは 話し合いによる紛争の解決を示談といいます。示談書では、それがどの事故についてのものなのかを特定する必要があります。 示談公正証書 本公証人は、当事者の嘱託により、その法律行為に関する陳述の趣旨を縁取し、この証書を作成...
NO IMAGE 公正証書

売掛金債務と預り金返還債務との相殺契約公正証書

相殺契約とは 債務者に対して、こちらも買掛金や手形債務などの債務を負担していれば、相殺という手段で、売掛金債権や商品代金債権を、簡単に回収したのと同じ効果をあげられます。相殺とは、債権者と債務者とが互いに同種の債権をもっている場合に、対当...
NO IMAGE 公正証書

金銭債権を第三者に譲渡する場合の債権譲渡契約公正証書

債権譲渡とは 債権譲渡とは、債権の同一性を維持したままで債権を他に譲渡することです。例えば、(A)が債務者(B)に対して持っている債権(α)を回収しようとしましょう。このときBが第三債務者(c)に対して債権(β)を持っている場合に、そのβ...
NO IMAGE 公正証書

賃貸不動産管理委任契約公正証書

賃貸不動産管理委任契約とは 管理会社に管理を委託すると、賃料や共益費の集金、賃料の値上げ、清掃、保守管理なども含め、運営管理の一切を仕切ってくれます。 賃貸不動産管理委任契約公正証書 本公証人は、当事者の嘱託により、その法律行為に...
NO IMAGE 公正証書

労働者派遣契約公正証書

労働者派遣契約とは 継続的な人材派遣を行う場面では、まず包括的な基本契約書を締結しておき、個々の取引(人材派遣)の際にそれに基づいて個別契約を結ばれます。文例は、その基本契約書に関するものです。 労働者派遣基本契約公正証書 本公証...
スポンサーリンク