交通事故

スポンサーリンク
NO IMAGE 交通事故

相続人以外の親族には慰謝料は認められないのか

法定相続人に当たらない近親者にも慰謝料は認められる 死亡事故の場合の慰謝料に関する条文として、民法では「他人の生命を害したる者は、被害者の父母、配偶者、およびその子に対しては、その財産権を害せられざりし場合においても、損害賠償をなすことを...
NO IMAGE 交通事故

物損事故で示談をする場合

物損だけと思っていても、後日、むちうち症の症状がでることもある 物損事故の場合の示談で注意しなければならないことは、実は車だけの損害と思っていたが、後日むちうち症などの障害が出てくることがあるということです。もちろん、この場合には、物損に...
NO IMAGE 交通事故

死亡事故の場合の実際の示談交渉例

交渉のポイントをできるだけ早くはっきりさせる 被害者は42歳のサラリーマン。夜間11時すぎ、酒に酔って信号のない道路を横断中に自家用車にはねられ、救急車で病院へ運ばれたが 1週間後に死亡。加害車両の運転者は19歳の受験浪人生で、制限速度を...
NO IMAGE 交通事故

過失の割合により損害賠償額は減額される

どうして被害者にも過失があると減額されるのか 交通事故は、加害者の過失が原因となって起こるケースが多いのですが、被害者にも過失があったというケースも少なくありません。例えば、酒に酔った被害者が急に道路に飛び出してきたため、加害車両がこれを...
NO IMAGE 交通事故

物損事故にはどんな法律が適用されるか

損害賠償を請求するには法律上の根拠が必要だ 自動車事故の被害者が加害者に対して、損害賠償を請求しようという場合には、法律上の根拠がなければなりません。一般に自動車事故の損害賠償で用いられる法律は、自動車損害賠償保障法(以下、自賠法と略)3...
NO IMAGE 交通事故

政府保障事業とは

政府保障事業により救済を図っている 自賠法は被害者救済のために制定された法律です。 しかし、被害者が轢き逃げ事故にあい加害者が不明の場合や、加害車両が自賠責保険にも加入していない事故であった場合には、被害者は自賠責保険の保険金を受け取る...
NO IMAGE 交通事故

任意保険金が支払われない場合がある

偶然でない事故やすでに発生している事故については免責 自動車保険は偶然発生した事故の損害を補填するものです。 ですから、わざと起こした事故(故意による事故)による損害については保険金は支払われません。 また、保険契約のときにすでに発生...
NO IMAGE 交通事故

交通事故の示談交渉で問題となる最近の事例

示談交渉の代理人は弁護士以外でもできるのか 有料で示談の代理人となって交渉をすることは、弁護士以外は禁止されています。ただし、保険会社の示談担当者が代理人となって交渉することは認められています。また、有料の場合ですので、無償で代理人となっ...
NO IMAGE 交通事故

交通事故慰謝料(損害賠償)の消滅時効とは

慰謝料(損害賠償)消滅時効とは 時効とは、ある事実関係が続いている場合に、その続いている事実状態をそのまま権利関係としても認めようとする制度のことをいいます。この時効の法律的効果として、一定の期間が経過することによってある権利が消滅するこ...
NO IMAGE 交通事故

交通事故による休業損害の計算方法

交通事故による休業損害とは 交通事故によりケガをした被害者は、仕事を休んで得られなかった賃金や、それによって生じた減収分を休業損害として加害者に請求することができます。この休業損害を算出する方法には、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護土会...
スポンサーリンク