交通事故

スポンサーリンク
NO IMAGE 交通事故

物損事故に関する判例

全損(買換相当)・時価の判断 修理不能かまたは車体の本質的な構造部分に重大な損傷を生じ、その買換えが社会通念上相当と認められるときは、事故当時の価格と売却代金の差額を請求できます。また、中古車の時価は、原則としてそれと同一の車種、年代、型...
NO IMAGE 交通事故

損害賠償額の実際の算定例

物損事故と損害賠償 物損事故の損害額の算定は、修理代+評価損+代車料+その他(破損した眼鏡代や衣料代)であることはすでに述べたとおりです。以下で具体的な物損事故を想定して考えてみましょう。甲所有のA乗用車(事故時の評価額180万円)と乙所...
NO IMAGE 交通事故

相続人以外の親族には慰謝料は認められないのか

法定相続人に当たらない近親者にも慰謝料は認められる 死亡事故の場合の慰謝料に関する条文として、民法では「他人の生命を害したる者は、被害者の父母、配偶者、およびその子に対しては、その財産権を害せられざりし場合においても、損害賠償をなすことを...
NO IMAGE 交通事故

物損事故で示談をする場合

物損だけと思っていても、後日、むちうち症の症状がでることもある 物損事故の場合の示談で注意しなければならないことは、実は車だけの損害と思っていたが、後日むちうち症などの障害が出てくることがあるということです。もちろん、この場合には、物損に...
NO IMAGE 交通事故

死亡事故の場合の実際の示談交渉例

交渉のポイントをできるだけ早くはっきりさせる 被害者は42歳のサラリーマン。夜間11時すぎ、酒に酔って信号のない道路を横断中に自家用車にはねられ、救急車で病院へ運ばれたが 1週間後に死亡。加害車両の運転者は19歳の受験浪人生で、制限速度を...
NO IMAGE 交通事故

過失の割合により損害賠償額は減額される

どうして被害者にも過失があると減額されるのか 交通事故は、加害者の過失が原因となって起こるケースが多いのですが、被害者にも過失があったというケースも少なくありません。例えば、酒に酔った被害者が急に道路に飛び出してきたため、加害車両がこれを...
NO IMAGE 交通事故

物損事故にはどんな法律が適用されるか

損害賠償を請求するには法律上の根拠が必要だ 自動車事故の被害者が加害者に対して、損害賠償を請求しようという場合には、法律上の根拠がなければなりません。一般に自動車事故の損害賠償で用いられる法律は、自動車損害賠償保障法(以下、自賠法と略)3...
NO IMAGE 交通事故

保険会社は必ず過失相殺を主張してくる

強制保険では重過失があった場合だけ過失相殺がなされる 自動車保険には、車の所有者が必ず加入を義務づけられている強制保険(自賠責保険)と任意保険があることは、前にも述べたとおりです。過失相殺は、このいずれの保険の場合にも行われます。ただ、強...
NO IMAGE 交通事故

事故の状況と損害を正確に把握する

加害運転者の義務 物損事故が起きたときの加害者がしなければならない義務は、人身事故の場合と同じです。 現場における危険防止の措置 警察官への事故報告の義務 保険会社への通知 中には、物損事故だからといって、警察...
NO IMAGE 交通事故

過失相殺は何を基にして決められるのか

事故の態様を明らかにするために刑事裁判記録が利用される 交通事故にあった被害者のところへ示談交渉に来るのは、ほとんどの場合、任意保険会社の代理人です。そして任意保険会社側では、追突事故のように被害者が100%無過失でないかぎり、必ずといっ...
スポンサーリンク