交通事故

スポンサーリンク
NO IMAGE 交通事故

その他の人の収入の証明

サービス業者の場合の収入の証明の仕方 帳簿類もきちんとつけてあり、それに基づいて税務申告をしていれば、申告額が純益となる。しかし、実際はもっと収入があるという場合には、帳簿等の書類でその証明をしなければならない。帳簿類が不備という場合には...
NO IMAGE 交通事故

加害者が葬式にも顔を出さないので交渉をしたくない

保険会社の示談交渉担当者を拒否することはできるか 死亡事故にあって残された被害者側にとっては、親族を死に至らしめた加害者は憎んでも憎みきれない存在でしょう。それなのに、お通夜にも顔を出さず、葬式にも出てこないとなると、示談の話しがきても無...
NO IMAGE 交通事故

死亡慰謝料はどのようにして算定するか

精神的な苦痛の受け取り方は被害者により千差万別 慰謝料というのは、被害者自身が受けた被害により被る精神的な苦痛に対する損害賠償です。かつては、本来、慰謝料は痛みを感じる本人だけに専属するものであり(一身専属県)、相続の対象にはならないとさ...
NO IMAGE 交通事故

示談交渉する相手と交渉時期を決める

相続人内部でモメていても対外的には洩らさないこと 相続人が残された妻一人というように単独であれば、誰が示談交渉をするのかは問題になりません。実際は、相続人が一人というケースは稀で、複数いるのが 一般的です。相続人が妻(あるいは夫)と子とい...
NO IMAGE 交通事故

示談交渉前にはどんな書類を集めておいたらよいか

事故証明書は強制保険の請求でも任意保険の請求でも必要 事故証明書は強制保険の請求でも任意保険の請求でも必要 死亡事故のあった被害者側では、経済的に困窮することは目に見えています。これを補うのが強制保険です。死亡者が余程の高齢者でない限りは...
NO IMAGE 交通事故

物損事故にはどんな法律が適用されるか

損害賠償を請求するには法律上の根拠が必要だ 自動車事故の被害者が加害者に対して、損害賠償を請求しようという場合には、法律上の根拠がなければなりません。一般に自動車事故の損害賠償で用いられる法律は、自動車損害賠償保障法(以下、自賠法と略)3...
NO IMAGE 交通事故

保険会社は必ず過失相殺を主張してくる

強制保険では重過失があった場合だけ過失相殺がなされる 自動車保険には、車の所有者が必ず加入を義務づけられている強制保険(自賠責保険)と任意保険があることは、前にも述べたとおりです。過失相殺は、このいずれの保険の場合にも行われます。ただ、強...
NO IMAGE 交通事故

事故の状況と損害を正確に把握する

加害運転者の義務 物損事故が起きたときの加害者がしなければならない義務は、人身事故の場合と同じです。 現場における危険防止の措置 警察官への事故報告の義務 保険会社への通知 中には、物損事故だからといって、警察...
NO IMAGE 交通事故

過失相殺は何を基にして決められるのか

事故の態様を明らかにするために刑事裁判記録が利用される 交通事故にあった被害者のところへ示談交渉に来るのは、ほとんどの場合、任意保険会社の代理人です。そして任意保険会社側では、追突事故のように被害者が100%無過失でないかぎり、必ずといっ...
NO IMAGE 交通事故

物損の保険について知っておこう

物損を填補するのは任意保険 物損とは、物の滅失、毀損による損害をいうとされています。 物損の場合に、自賠責保険が支払われないことはすでに述べたとおりです。 ただし、義眼、義歯、義肢、コルセット、松葉杖、補聴器などは、身体に密着し、身体...
スポンサーリンク