交通事故

スポンサーリンク
NO IMAGE 交通事故

示談交渉前にはどんな書類を集めておいたらよいか

事故証明書は強制保険の請求でも任意保険の請求でも必要 事故証明書は強制保険の請求でも任意保険の請求でも必要 死亡事故のあった被害者側では、経済的に困窮することは目に見えています。これを補うのが強制保険です。死亡者が余程の高齢者でない限りは...
NO IMAGE 交通事故

死亡事故の場合の損害賠償額の支払基準

損害賠償額の支払額は定型化・定額化されている すでに述べたように、多くの損害賠償の項目は定型化・定額化されています。そして、支払基準としては、弁護士会の基準(日弁連交通事故相談センター・東京三弁護士会交通事故処理委員会)、各損害保険会社の...
NO IMAGE 交通事故

死亡までの入院費用なども請求できる

死亡するまでにかかった費用は全額請求できるか 一口に交通事故により死亡した場合でも、即死の場合と救急車で病院に運ばれ、手術や治療を受けたが 1週間後に死亡したというようなケースに大別できます。死亡事故による損害賠償請求のできる項目は、次の...
NO IMAGE 交通事故

後遺障害診断書

まず医師に診断書を作成してもらうこと 一口に後遺症といっても、後遺障害等級表を見ていただければわかるように、両眼失明、植物人間状態などの1級から小指の用を廃したものという14級まで、い ろいろあります。 では、その後遺症の等級はどのよう...
NO IMAGE 交通事故

葬儀費用・香典返し・墓石・墓地に要した費用

130~170万円の範囲内で実費が認められる いずれ人は死ぬものであり、死ねば葬儀をするのが通常であるのに、その費用を交通事故の加害者に負担させるのは疑問との考え方から反対する意見もありますが、直接被害者を死亡させた加害者に、せめて葬儀費...
NO IMAGE 交通事故

過失割合認定基準表

歩行者と四輪車の事故 信号機のある横断歩道での事故 事故の基本状況 事故の詳しい状況 過失割合 歩行者と直進車の事故 歩行者が青で横断開始、車が赤で進入 歩行者は0% 車は100% 歩行者が黄で...
NO IMAGE 交通事故

車同士の事故の場合に損害賠償請求できる項目

修理が可能な場合の損害額は修理費と格落ち損 車に追突されて自分の車が破損したという場合で、相手が一方的に悪く、こちら側に落ち度がないという場合には、自分が受けた損害のすべてを加害者に請求できます。通常、双方に落ち度がある場合が多く、この場...
NO IMAGE 交通事故

過失相殺の具体的な判断の仕方

過失相殺の基準表の仕組みは 現在、過失相殺については、東京地裁民事27部(交通部)編の「民事訴訟における過失相殺率の認定基準」、日弁連交通事故相談センターの認定基準(21訂版では掲載がありませんが 20訂版にあり)、東京三弁護士会の認定基...
NO IMAGE 交通事故

修理が不可能な程度に破損したときの損害賠償

事故直前の中古車の価格しか請求できない 車同士の事故の場合には、過失相殺が問題となる場合がほとんどですが、過失相殺の問題は別のページで解説することにして、ここでは車の損害に絞って考えてみます。中古車が大破され、使いものにならなくなった場合...
NO IMAGE 交通事故

損益相殺で減額されるものがある

損益相殺というものはどんなことをいうのか 事故で負傷した場合、自賠責保険から支払いを受け、かつ加害者に損害賠償の請求をして損害額の全部を賠償してもらった場合、被害者は自賠責保険からの支払分は得することになります。こうしたことがないよう損害...
スポンサーリンク