交通事故

スポンサーリンク
NO IMAGE 交通事故

葬儀費用・香典返し・墓石・墓地に要した費用

130~170万円の範囲内で実費が認められる いずれ人は死ぬものであり、死ねば葬儀をするのが通常であるのに、その費用を交通事故の加害者に負担させるのは疑問との考え方から反対する意見もありますが、直接被害者を死亡させた加害者に、せめて葬儀費...
NO IMAGE 交通事故

後遺障害がある場合の慰謝料とその金額

後遺症による逸失利益・慰謝料 後遺症の場合に損害賠償として請求できる項目は、治療費や入院費用などの病院関係費のほかは、後遺症による逸失利益・慰謝料の請求ができます。 逸失利益は、後遺障害により将来の労働能力を喪失する場合に、その損失分と...
NO IMAGE 交通事故

生きていれば得られたはずの利益(逸失利益)の出し方

逸失利益を計算する方法は 死亡事故の場合に被害者側にとって一番重要な問題が逸失利益の算定です。また、損害賠償金額の中でも、高齢者の場合を除けば、一番高額になるものです。逸失利益とは、被害者が事故にあわず生きていたら、67歳になるまでの間に...
NO IMAGE 交通事故

ムチ打ち症(後遺障害14級)の場合の慰謝料

ムチ打ち症の場合は特別な計算方法をしている 自動車事故の被害者の中でも、ムチ打ち症というのは最近多くなっています。 医学上もムチ打ち症というのは定義が難しいようですが、結局、首から背骨にかけての一種の神経症状だとされています。 そ...
NO IMAGE 交通事故

就労可能年数と利息分の控除の仕方

幼児や小中学生の場合には18歳から67歳までが就労可能年数 就労可能年数とは、被害者が事故にあわずにいればあと何年働けたかを示すものです。残存稼働年数ともいいます。例えば、35歳の人が死亡事故にあった場合には、67から35を差し引いた32...
NO IMAGE 交通事故

後遺症の場合の実際の賠償額の交渉例

後遺症での損害は普通の傷害の賠償額に加算される 被害者は34歳の男子会社員で、入院300日、通院300日(実通院95日)の重傷を負いました。 被害者の平均月収は40万円、労働能力喪失を伴う後遺障害(腹壁瘢痕ヘルニア、すい臓欠損等胸部臓器...
NO IMAGE 交通事故

中間利息を控除する方法がライプニッツ方式に統一

中間利息控除方法は下級審ではライプニッツ式計算法にほぼ統一 死亡事故や後遺症が残った場合の逸失利益を計算する場合には、将来の分を現在一時に請求することになるため、その間の中間利息を控除しなければ不公平になります。その控除方法として、単利で...
NO IMAGE 交通事故

傷害事故で示談書を作る

傷害事故の示談と示談書 示談書については、既に説明しましたように、傷害の場合も示談書を作る場合の注意点は同様です。単なる傷害事故の場合、死亡事故や後遺症の残る障害と違い、損害賠償額も比較的低額で済みます。自賠責保険から支払われる上限である...
NO IMAGE 交通事故

被害者の収入の証明の仕方

サラリーマンや公務員の場合は源泉徴収票で 被害者側が必ずしなければならないことは、死亡した被害者の事故当時の収入額を証明することです。この証明ができない場合には、収入がなかったことになり不利になります。死亡した被害者がサラリーマンや公務員...
NO IMAGE 交通事故

死亡事故の場合に紛争になりがちなこと

損害賠償金の相続では遺言書があっても法定相続分による 死亡事故の場合には、損害賠償を請求できるのは死亡者(被害者)の相続人です。相続人が何人もいる場合には、法定相続分に応じて請求権を持つことになり ます。相続人になる順位と相続分は、次の図...
スポンサーリンク