交通事故

スポンサーリンク
NO IMAGE 交通事故

加害者が葬式にも顔を出さないので交渉をしたくない

保険会社の示談交渉担当者を拒否することはできるか 死亡事故にあって残された被害者側にとっては、親族を死に至らしめた加害者は憎んでも憎みきれない存在でしょう。それなのに、お通夜にも顔を出さず、葬式にも出てこないとなると、示談の話しがきても無...
NO IMAGE 交通事故

死亡慰謝料はどのようにして算定するか

精神的な苦痛の受け取り方は被害者により千差万別 慰謝料というのは、被害者自身が受けた被害により被る精神的な苦痛に対する損害賠償です。かつては、本来、慰謝料は痛みを感じる本人だけに専属するものであり(一身専属県)、相続の対象にはならないとさ...
NO IMAGE 交通事故

示談交渉する相手と交渉時期を決める

相続人内部でモメていても対外的には洩らさないこと 相続人が残された妻一人というように単独であれば、誰が示談交渉をするのかは問題になりません。実際は、相続人が一人というケースは稀で、複数いるのが 一般的です。相続人が妻(あるいは夫)と子とい...
NO IMAGE 交通事故

示談交渉前にはどんな書類を集めておいたらよいか

事故証明書は強制保険の請求でも任意保険の請求でも必要 事故証明書は強制保険の請求でも任意保険の請求でも必要 死亡事故のあった被害者側では、経済的に困窮することは目に見えています。これを補うのが強制保険です。死亡者が余程の高齢者でない限りは...
NO IMAGE 交通事故

死亡事故の場合の損害賠償額の支払基準

損害賠償額の支払額は定型化・定額化されている すでに述べたように、多くの損害賠償の項目は定型化・定額化されています。そして、支払基準としては、弁護士会の基準(日弁連交通事故相談センター・東京三弁護士会交通事故処理委員会)、各損害保険会社の...
NO IMAGE 交通事故

死亡までの入院費用なども請求できる

死亡するまでにかかった費用は全額請求できるか 一口に交通事故により死亡した場合でも、即死の場合と救急車で病院に運ばれ、手術や治療を受けたが 1週間後に死亡したというようなケースに大別できます。死亡事故による損害賠償請求のできる項目は、次の...
NO IMAGE 交通事故

後遺障害診断書

まず医師に診断書を作成してもらうこと 一口に後遺症といっても、後遺障害等級表を見ていただければわかるように、両眼失明、植物人間状態などの1級から小指の用を廃したものという14級まで、い ろいろあります。 では、その後遺症の等級はどのよう...
NO IMAGE 交通事故

葬儀費用・香典返し・墓石・墓地に要した費用

130~170万円の範囲内で実費が認められる いずれ人は死ぬものであり、死ねば葬儀をするのが通常であるのに、その費用を交通事故の加害者に負担させるのは疑問との考え方から反対する意見もありますが、直接被害者を死亡させた加害者に、せめて葬儀費...
NO IMAGE 交通事故

後遺障害がある場合の慰謝料とその金額

後遺症による逸失利益・慰謝料 後遺症の場合に損害賠償として請求できる項目は、治療費や入院費用などの病院関係費のほかは、後遺症による逸失利益・慰謝料の請求ができます。 逸失利益は、後遺障害により将来の労働能力を喪失する場合に、その損失分と...
NO IMAGE 交通事故

生きていれば得られたはずの利益(逸失利益)の出し方

逸失利益を計算する方法は 死亡事故の場合に被害者側にとって一番重要な問題が逸失利益の算定です。また、損害賠償金額の中でも、高齢者の場合を除けば、一番高額になるものです。逸失利益とは、被害者が事故にあわず生きていたら、67歳になるまでの間に...
スポンサーリンク