交通事故

スポンサーリンク
NO IMAGE 交通事故

付添人費用や将来の介護料も認められる

付添人費用として請求できる金額は定型化されている 自動車事故によって負傷し、被害者が入院治療が必要なばかりか、付添介護を必要とするような症状の場合は、積極損害として付添人費用が請求できます。職業的付添人を雇った場合には、支払った金額が損害...
NO IMAGE 交通事故

示談が成立したら示談書の作成を忘れるな

示談書にはどのようなことを書いたらよいのか 損害賠償金についての話しが行われ、話しがまとまれば示談交渉は終了します。その場合の最後の総仕上げが、示談書の作成です。示談書の作成は、特に専門家に頼まなくても、自分で作成できます。ただし、ここで...
NO IMAGE 交通事故

事故で休み収入が得られなかった場合は休業損害を請求できる

入院や通院のため休業したときは休業損害を請求できる 自動車事故で負傷した人が入院や通院のために休業を余儀なくされ、そのために得られなかった収入を補填してもらうのが休業損害(加害者の側からは休業補償といいます)です。注意していただきたいのは...
NO IMAGE 交通事故

示談を公正証書にしておくと強制執行ができる

示談金が支払われない場合に備えて成すべきことは 交通事故の解決は示談書を作成して終わりというわけにはいきません。示談書の作成と損害賠償金が引き換えならばいいのですが、分割払いや○月○日に支払う約束になっていれば、それが実行されるまでは終わ...
NO IMAGE 交通事故

傷害事故の場合の慰謝料の算定の仕方

傷害事故の場合の慰謝料は定型化されている 慰謝料というのは、交通事故により受傷したための苦痛に対する精神的な損害賠償のことをいいます。この苦痛も人によってまちまちです。すでにのべたよう に、以前は北海道と東京の裁判所(裁判官)では慰謝料の...
NO IMAGE 交通事故

示談が成立しない場合には調停・訴訟の申立てをする

示談不成立や示談金が払われない場合 これ以上話し合いを継続しても、示談による解決は困難と判断した場合(10~15回程度の話し合いが限度でしょう)、次の解決方法を考えなければなりません。 次に考えられるのは裁判所の手を借りる解決方法です。こ...
NO IMAGE 交通事故

傷害事故の場合の具体例による損害額の算定の仕方

傷害事故での賠償額の算定 傷害事故の場合、後遺障害が残るかどうかで、損害賠償額の算定が大きく違ってきます。後遺障害が残った場合の損害額の算定は次項以下に譲るとして、ここ では後遺症がない場合の損害額について、具体的事例で解説します。 被害...
NO IMAGE 交通事故

死亡事故の場合の損害賠償額の支払基準

損害賠償額の支払額は定型化・定額化されている すでに述べたように、多くの損害賠償の項目は定型化・定額化されています。そして、支払基準としては、弁護士会の基準(日弁連交通事故相談センター・東京三弁護士会交通事故処理委員会)、各損害保険会社の...
NO IMAGE 交通事故

死亡までの入院費用なども請求できる

死亡するまでにかかった費用は全額請求できるか 一口に交通事故により死亡した場合でも、即死の場合と救急車で病院に運ばれ、手術や治療を受けたが 1週間後に死亡したというようなケースに大別できます。死亡事故による損害賠償請求のできる項目は、次の...
NO IMAGE 交通事故

後遺障害診断書

まず医師に診断書を作成してもらうこと 一口に後遺症といっても、後遺障害等級表を見ていただければわかるように、両眼失明、植物人間状態などの1級から小指の用を廃したものという14級まで、い ろいろあります。 では、その後遺症の等級はどのよう...
スポンサーリンク