交通事故

スポンサーリンク
NO IMAGE 交通事故

傷害事故の場合の保険について知っておこう

強制保険と任意保険 自動車損害賠償保障法で車の所有者が加入を義務付けられているのが自動車損害賠償責任保険(略して自賠責保険、一般には強制保険)です。傷害事故の場合、この強制保険から120万円までが支払われます。 この120万円の金額...
NO IMAGE 交通事故

示談では損害賠償額(慰謝料)は自由に決められる

示談をするときには後遺症について別途取決めをする 交通事故の示談というのは、交通事故によって発生した損害賠償(慰謝料)の問題を、被害者と加害者(代理人を含めて)とが譲歩しあって話合いにより決めて解決を図ることです。示談は話合いですから、お...
NO IMAGE 交通事故

傷害事故の場合の損害賠償額の支払基準

損害賠償額は定型化・定額化されている 傷害事故の損害賠償額は、すでに前述しましたが、定型化・定額化されています。損害賠償額の支払基準としては、弁護士会の基準(日弁連交通事故相談センター・東京三弁護士会交通事故処理委員会)、強制保険の支払基...
NO IMAGE 交通事故

どんな事故かによって損害賠償請求できる項目は違う

事故の形態により請求できる項目は異なる 示談交渉の目的は、交通事故により被った損害賠償問題を解決することです。ですから、示談交渉をする前提として、どのような事故の場合に、どのような損害賠償の請求ができるのかを知っておくことが不可欠です。 ...
NO IMAGE 交通事故

治療費などの積極損害は全額請求できる

原則として治療費などのかかった費用は全額請求できる 自動車事故でケガをした場合、加害者に請求できる損害賠償項目は前述のとおりです。このうち、被害者が実際に支出した費用のことを「積極損害」といい、当然これらの費用は全部請求できます。 では、...
NO IMAGE 交通事故

損害賠償額を算出する際の基準は三つある

同じ自動車保険でも強制保険と任意保険では基準が異なる 算定基準が三つもあるといわれると、交通事故に初めて会った方は驚かれるかもしれません。この三つの基準を説明する前に、自動車保険と損害賠償の関係を説明しておきましょう。交通事故の被害者を救...
NO IMAGE 交通事故

付添人費用や将来の介護料も認められる

付添人費用として請求できる金額は定型化されている 自動車事故によって負傷し、被害者が入院治療が必要なばかりか、付添介護を必要とするような症状の場合は、積極損害として付添人費用が請求できます。職業的付添人を雇った場合には、支払った金額が損害...
NO IMAGE 交通事故

示談が成立したら示談書の作成を忘れるな

示談書にはどのようなことを書いたらよいのか 損害賠償金についての話しが行われ、話しがまとまれば示談交渉は終了します。その場合の最後の総仕上げが、示談書の作成です。示談書の作成は、特に専門家に頼まなくても、自分で作成できます。ただし、ここで...
NO IMAGE 交通事故

事故で休み収入が得られなかった場合は休業損害を請求できる

入院や通院のため休業したときは休業損害を請求できる 自動車事故で負傷した人が入院や通院のために休業を余儀なくされ、そのために得られなかった収入を補填してもらうのが休業損害(加害者の側からは休業補償といいます)です。注意していただきたいのは...
NO IMAGE 交通事故

示談を公正証書にしておくと強制執行ができる

示談金が支払われない場合に備えて成すべきことは 交通事故の解決は示談書を作成して終わりというわけにはいきません。示談書の作成と損害賠償金が引き換えならばいいのですが、分割払いや○月○日に支払う約束になっていれば、それが実行されるまでは終わ...
スポンサーリンク