財産目録を定期的に作ろう

スポンサーリンク

財産目録を作り、相続税の予定額を把握する

相続が発生すると、相続人はタイトなスケジュールの中で財産・債務の調査や分割の方針を定めなければなりません。被相続人が会社の社長や事業主である場合には、事業の承継などやるべきことはさらに複雑化します。このような混乱を避けるための、最も有効な対策は、現状の客観的な把握です。財産目録を作成し、相続税予定額を計算するのです。財産・債務を把握し、相続をするか放棄するか判断をします。そして、相続することを決めたら、どのように分割をすれば財産の承継と納税が円滑にいくかをシミュレーションします。

財産の内容をできるだけ詳細に、預貯金・株式・不動産だけではなく、住宅ローンや事業上の債務なども含めて、考えてください。また、被相続人予定者が他人にしている保証債務など、現在の債務ではないけれども、将来の債務の可能性があるものも、考慮しましょう。正確な財産債務の把握は、分割を円滑にするだけでなく、トラブル防止にも役立ちます。そして、相続財産を調査する前には、念のため相続人を確認するための戸籍謄本もそろえておきましょう。