相続できる人・できない人は?

スポンサーリンク

「相続」「相続人」「被相続人」とは

「相続」とは、被相続人にかかる権利義務を相続人に引き継がせることをいいます。「被相続人」とは相続される側、つまり亡くなった人のことを指し、「相続人」とは亡くなった人の財産を引き継ぐ人のことを指します。相続は、人が死亡することによって開始し、一般的には、戸籍に記載された死亡日が死亡の時と推定されるので、死亡日が相続開始日となります。この死亡の定義は以下のとおりです。

イ、自然死亡
人が実際に死亡したことを意味します。

ロ、失踪宣告
次の事由による利害関係人の請求によって、家庭裁判所が失踪宣告をします。なお、失踪宣告後に失踪者が生存していた場合には、失踪宣告は取り消されます。
※普通失踪
不在者の生死が、7年以上明らかでないこと。この場合、7年間の期間が満了したときに死亡したものとみなされます。

※危難失踪
戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中にいた者、その他死亡の原因となる危難に遭遇した者の生死が1年以上明らかでないこと。この場合、危難が去ったときに死亡したものとみなされます。

配偶者は常に相続人になれる

下の表のように、相続人には順位があり、後順位の者は先順位の者がいる場合には、相続人となることができません。ただし、被相続人の配偶者は、この順位にかかわらず、常に相続人となります。配偶者以外に相続人となるべき者がいない場合は、配偶者のみが相続人となります。

配偶者とは、法律上の被相続人の夫や妻であって、いわゆる内縁の夫や妻は含まれません。また、ひとくちに「子」といっても、嫡出子と非嫡出子、嫡出子のなかでも実子か養子か、養子のなかでも普通養子か特別養子か、非嫡出子のなかでも母子関係か父子関係かによって、相続権や順位が異なります。それぞれの定義と相続権については次のとおりです。

相続人と相続順位
相続順位 相続人となる者
第1順位 子・子の代襲相続人である直系卑属 配偶者は常に相続人になれる
第2順位 直系尊属(親等の近い者が相続人となる)
※第1順位の者がいないとき、相続人になれる。
第3順位 兄弟姉妹・兄弟姉妹の代襲相続人(兄弟姉妹の
子である甥姪まで)
※第1順位と第2順位がいないとき、相続人になれる。

 

子の定義と相続権
嫡出子 実子 法律上の婚姻関係にある父母から生まれた子を嫡出子という。
養子 養子縁組によって養子となった者は、養子縁組の日から、養親の嫡出子としての身分を取得するので、実子と同様の相続権を有することになる。

イ.普通養子
普通養子は、養子縁組しても実親との親族関係を継続する。し たがって、養親と実親の双方の第1順位の相続人となる。

ロ.特別養子
特別養子は、実方との親族関係が終了する。養親の相続人にはなるが、実親の相続人となることはできない。

非摘出子 法律上の婚姻関係にない父母から生まれた子を非摘出子という。

イ.母子関係
母と非嫡出子の関係は、分娩の事実によって母子関係を生じる。

ロ.父子関係
父と非嫡出子の関係は、父が認知をすることによって父子関係を生じる。

※相続開始時における胎児は、相続についてはすでに生まれたものとみなし相続人になる。ただし、胎児が死体で生まれたときは相続人になれない。