遺言の決め方・取り消し方は? 分割案・見直し

スポンサーリンク

内容を変更するときに作成方法を変えてもかまわない

もし、一度作成した遺言書の内容を変更したい場合には、新しい遺言書を作成します。遺言書は、常に新しい日付のものが有効とされます。新しい遺言書を作成して前の遺言書を取り消す場合、遺言書の方式を、取り消したい遺言書と同じものにする必要はありません。例えば、すでに公正証書遺言により作成した遺言書を、後日作成した自筆証書遺言書によって取り消すことも可能です。その一方で、遺言が取り消されるケースというものがあります。

[イ]前の遺言と後の遺言とが矛盾する場合
前の遺言と後の遺言の内容が矛盾する場合は、前の遺言は取り消され、後の遺言が有効になります。
[口]遺言に、遺言後の行為が抵触する場合
例えば、遺言書に記載されている財産を処分してしまった場合、その遺言は取り消されたも のとみなされます。
[ハ]遺言者が故意に遺言を破棄した場合
遺言者が、遺言書を故意に破棄した場合には、その遺言は取り消されます。

財産の状況や親族の状況などは、時間の経過とともに変わります。状況に変化かあった場合には、遺言を見直さなければなりません。遺言書を作成したら、毎年、財産・債務の状態をチェックし、親族の状況も考慮の上、遺言書の内容を見直す必要があるかどうか検討しましょう。また、税制改正などにより、現在の遺言書の内容が、遺言者の意思にそぐわないものになってしまう可能性もあるので、その点も考慮する必要があります。