不動産賃借権の遺産分割

スポンサーリンク

建物の賃借権は相続できるか

建物賃借権も財産であり、遺産として相続の対象になりますから遺産分割の際に1人が取得することも可能ですし、相続人が複数の場合は相続分に応じて賃借権も共有(準共有)することになります。また、以前から配偶者や子などの相続人が居住していたというような場合には、家主の承諾がなくても、賃借権は相続人に引き継がれます。

相続権がない内縁の妻などが居住している場合は、借地借家法により、内縁の妻などが家主に対する惜家権を引き継ぐことができます。ただし、相続人がいない場合で住居用建物であるときに限られます。他に相続人がいる場合には、相続人が賃借人になりますから、内縁の妻などに対して相続人が立ち退きを求めるケ-スも考えられます。しかし、判例は内縁の妻などの居住権を認め、相続人による立ち退き要求を認めません。つまり、この場合は事実上賃借権自体が遺産分割の対象になりえないのです。

土地を賃借して家を建てている場合に、地主から立退きと名義書換え料を請求されることがありますが、支払う必要はありません。相続人は、被相続人の契約上の地位も引き継ぐ者だからです。