葬祭料・埋葬料の請求手続きをする

スポンサーリンク

国民健康保険の葬祭料が請求できる

国民健康保険の被保険者が死亡した場合、葬祭料を請求することができます。受給できる葬祭料は自治体により異なりますが、2万円から7万円が多いようです。請求は「国民健康保険葬祭費請求書」で行います。手続きの詳細は、次表のとおりです。

健康保険の埋葬料、家族埋葬料が請求できる

健康保険の被保険者が亡くなった場合には、埋葬料を請求することができます。なお、健康保険の被保険者が亡くなった場合と、被保険者の被扶養者が亡くなった場合とでは、支給される埋葬料(前者を埋葬料、後者を家族埋葬料といいます)、手続きなどが異なります。手続きの詳細は、次表のとおりです。健康保険の被保険者が亡くなった場合の埋葬料の請求は、勤務先が手続きを行う場合があります。必要があれば、勤務先に確認してみましょう。