寡婦年金の請求手続きをする

スポンサーリンク

妻のみに60歳から65歳までの間支給される

寡婦年金は、国民年金の第1号被保険者である夫が死亡した場合、18歳未満の子がいない妻(ここでは内縁関係も含まれます) へ、妻が60歳から65歳になるまで支給されます。妻は、夫が受けるはずだった老齢基礎年金の4分の3に相当する額の支給を受けることができます。

寡婦年金は、妻が65歳になり、自分自身の老齢基礎年金を受けられるようになると、打ち切りとなります。また、妻が老齢基礎年金の繰り上げ支給を受ける場合、もしくは再婚をした場合にも、打ち切られます。寡婦年金の支給を受けるには「国民年金寡婦年金裁定請求書」が必要になります。手続きの詳細を次で確認してください。