保険契約の名義変更をする

スポンサーリンク

「生命保険契約に関する権利」が相続の対象になる

被相続人が保険契約者として保険料を負担しているものの、被保険者が被相続人以外であるケースがあります。このとき、保険契約者が死亡しても、保険事故とはならず、保険金は支払われません。ですが、保険契約者である被相続人が死亡するまで保険料を負担していたという事実は残ります。

この保険契約について、保険金受取人の指定、保険金額の増減、その契約の解約等の権利を有しているのは、保険契約者である被相続人です。また、保険契約者には、実際に支払った保険料に対応する解約返戻金を取得する権利が発生します。このような場合、被相続人が生前に負担した保険料相当部分が、生命保険契約に関する権利となり、保険契約の承継者である相続人が、相続により取得したものとみなされます。そして、この権利に対し相続税が課税されます。

名義変更手続きの手順

生命保険契約で、被保険者が亡くなった場合は、保険金受取人が保険会社に請求して、保険金を受け取ります。しかし、被保険者ではない保険契約者が亡くなった場合は、保険事故は発生しません。そのため、相続人らで保険契約の権利の承継者を定め、保険契約者の変更届を出す必要があります。契約者の変更にあたっては、次の書類を用意し、被保険者及び保険会社の同意を得ます。

【イ】名義変更請求書
【口】保険証券
【ハ】相続人代表者の戸籍謄本
【二】被相続人(旧契約者)の除籍謄本
【ホ】相続人代表者の印鑑証明書
【へ】死亡診断書等契約者の死亡がわかるもの

他の書類が必要な場合もあるので、保険会社に確認するようにしましょう。