預貯金(銀行・郵便貯金)の相続手続き

スポンサーリンク

名義変更に必要なものとは

相続発生により、被相続人の預貯金は凍結されます。金融機関(銀行・郵便貯金)は預金者の死亡を確認すると同時に口座を凍結し、相続人間の分割の確定を待ちます。預貯金の凍結を解除するには、金融機関所定の払戻依頼書ほか、以下の書類を提出しなければなりません。なお、払戻依頼書の名称や書式、提出書類は金融機関によって異なりますので、必ず事前に確認をしてください。

預貯金の相続手続き一覧
どんな手続が必要か 名義変更する
手続きの届出先 銀行・郵便局など預貯金先
手続きに必要な書類
  1. 金融機関所定の払戻依頼書
    (相続人全員が署名・実印で押印したもの)
  2. 被相続人の戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍謄本(出生から死亡までの連続したもの)
  3. 相続人全員または受遺者の戸籍謄本
  4. 相続人全員の印鑑証明書(3ヵ月以内のもの)
  5. 金融機関所定の死亡届出書
  6. 遺産分割協議書または遺言書
  7. 金融機関所定の相続人の念書等
  8. 預貯金通帳、届出印、キャッシュカード等
手続きに必要な費用 なし
手続きの期限 なし