ムチ打ち症(後遺障害14級)の場合の慰謝料

スポンサーリンク

ムチ打ち症の場合は特別な計算方法をしている

自動車事故の被害者の中でも、ムチ打ち症というのは最近多くなっています。
医学上もムチ打ち症というのは定義が難しいようですが、結局、首から背骨にかけての一種の神経症状だとされています。

そのため後遺症としても特殊であり、裁判所も特別な扱いをしています。
積極損害としては、入院費、治療費、雑費などについては、一般の負傷の場合と同じです。
ただし、温泉治療(湯治)に行くことが多いのですが、この場合には医師の診断書がないと認められませんので注意してください。

休業補償については、ムチ打ち症は治療が長期化するので、一般の傷害の場合とは同一に扱うことができません。
例えば、入院1か月、通院1年という場合、入院中は全休とされますが、通院については6か月間は全休、残りの6か月間は半休(50%)とするような扱いがされています。
目安としては、1週間に3日通院したら全休、1週間に1日くらいの通院だと半休とされるようです。

ムチ打ち症による逸失利益の計算

ムチ打ち症は神経症状ですので、レントゲンにも映らず、それが何年続き、補償期間を何年にすべきか争いがあります。
裁判例を見ますとおおむね次の表のようになっています。
後遺障害等級表を見ても、ムチ打ち症という言葉は出てきません。

ムチ打ち症は一定期間後には治るものとされ、この等級表の12級13号、14級9号の各神経障害または神経症状がムチ打ち症に該当するとしています。
ムチ打ち症で後遺障害等級で12級と認定された場合、労働能力の喪失率は14%、これを5~10年間分請求できます。

ただし、これとは別の喪失期間を認めた判例もあります。
また、慰謝料は傷害事故の場合と同じですが、入通院慰謝料としては 15カ月間で打ち切られます。
なお、PTSD(心的外傷後ストレス障害)については、これの認否について判例は分かれています。