示談が成立したら示談書の作成を忘れるな

スポンサーリンク

示談書にはどのようなことを書いたらよいのか

損害賠償金についての話しが行われ、話しがまとまれば示談交渉は終了します。その場合の最後の総仕上げが、示談書の作成です。示談書の作成は、特に専門家に頼まなくても、自分で作成できます。ただし、ここでミスを犯すと、それまでの苦労が水泡に帰してしまいます。示談書作成のポイントは、事故の表示、示談の内容(示談条件)、当事者のサインの3点です。ここでは、示談書作成の要領を揚げておきます。示談書の形式は自由ですが、表1でサンプル(横書き)を揚げておきましたのでこれに従って解説します。なお、既製の書式(損害保険会社備え付けのもの)を利用するのもよいでしょう。 ①書き出しは、「示談書」と書き、当事者の住所氏名を書きます。横書きの場合、次の行に「下記交通事故について、本日、下記の条件で示談が成立した」等と書きます。 ②交通事故を特定するために、行をかえて「事故の表示」と書き、以下の事項を書いてください。事故の日時、事故発生の地名、被害者指名(複数のときは全員 )、被害の区分(死亡、負傷、物損の別)、加害運転者指名、加害車両を保有者指名(または雇主名)、加害車両登録番号(被害車両があるときは同様に書く)、事故発生の状況 ③どんな条件で示談をしたかを書きます。これは示談書の命ですからしっかり書いてください。 ④最後に当事者のサインと押印をしてください。当事者が複数のときは、全員がサイン、押印をします。会社が当事者の場合には、会社のゴム印を押し、さらに社長の印を押します。未成年者の場合には、両親がサイン、押印をします。

示談金な分割払いのときに注意することは

一番望ましい形態は、示談金を一度にもらい、同時に示談書にサインをすることです。しかし、示談交渉の結果、金銭の受領は後日になることもありますし、分割払いになるケースもあるでしょう。被害者にとって、大事なことは、示談交渉が終わっても金銭の受領がすむまでは受領証出したり、示談書の中に領収済みなどの文言を入れないことです。なお、分割払いにするときに忘れてならないのは、過怠約款を入れておくことです。過怠約款というのは、加害者側は分割払いを怠ったときの条項で、一般には 「一回でも支払い怠ったときには、その時の残額を一時に支払わなければならない」とする期限の利益喪失条項です。もう一つは、違約金条項です。「もし、加害者が支払いを怠ったときには、違約金○○万円を示談金○○○万円に付加して支払う」というように書きます。一般に違約金は、示談金の 10%~29.2%(利息制限法の遅延損害金の増減率)が相場のようです。