事故現場で警察官により実況見分調書が作成される

スポンサーリンク

警察が事故現場へ来るまで現場の保存に気をつける

交通事故は、ある日、突然に出会うものです。誰しも、交通事故に遭遇した人は、気持ちが動転してしまい、とっさにどんなことをなすべきかを、忘れてしまいがちです。被害者が死亡事故あるいは重傷事故の場合は、すぐに救急車で病院へ運ばれますので、事故の現場で何かをすることは考えられませんが、それ以外の事故の場合には、被害者としては、冷静になって、次のような措置を取らなければなりません。まず、最初になすべきことは、加害者と協力して追突事故など二次的な事故が起こらないよう対策を講じることです。そして、速やかに警察へ事故報告をします。事故慣れした加害者ですと、自分に不利な事故の痕跡を消すなどのことを考えます。そのようなことがないよう、事故現場の保存に気を配らなければなりません。

実況見分調書が作成されるときは自分の主張を強く述べること

事故現場へ駆けつけて来た警察官は、事故がどのようにして起こったかを明らかにするために、「実況見分調書」を作成します。もちろん、被害者の加害者も事情聴取を受けるわけですが、その際にも、自分が思ったことを正々堂々と述べることが肝心です。もちろん、加害者の言っていることが事実と違うときは、積極的に自分が正しいと思うことを主張すべきですが、その際にも、冷静に行うことが大切です。交通事故を解決するということは、交通事故により発生した損害賠償問題を解決することです。この場合に、被害者と加害者との間で、一番もめることは、損害賠償の金額の問題と、過失相殺の問題です。交通事故では、交通事故を引き起こす原因を作った過失割合に応じて、損害賠償額は減額されることになっています。夜間に、泥酔していて、道路に寝ていたというように、被害者に大きな過失があれば、ほとんど損害賠償は取れません。過失割合の判定は、ほとんどの場合、事故現場で作成される「実況見分調書」をもとに判断がなされます。実況見分調書作成の際に、加害者の過失の方が大きいと思ったときには、そのことを主張するとともに、事故の目撃者を捜し、その人の住所、氏名を聞き、証言してもらうようにすることが大切です。事故の目撃者が、警察が来るまで待てないというようでしたら、その人が見聞したことをメモ書きしてもらい、サインをもらっておくとよいでしょう。もちろん、警察が来ると、現場の写真も撮りますが、自分で写真を撮れる携帯電話やカメラを持っていれば、現場写真をとっておくと、後日役に立つ場合もあります。