利害関係のない第三者に遺産分割を委託したいとき

遺言で信頼できる人を指定し、遺産を公平に分配してもらう

遺言者は、遺言によって法定相続分とは異なる相続分を定め(相続分の指定)、またはこれを定めることを第三者に委託することができます(相続分指定の委託)。

また、遺言によって遺産分割の方法を定め(遺産分割方法の指定)、またはこれを第三者に委託することができます(遺産分割方法指定の委託)。

これらを組み合わせた遺言書を作成することもできます。ここでの分割の方法を定めるというのは、各相続人が取得すべき遺産を具体的に定めることです。

つまり、遺言者が「誰にどの割合で相続させるか」を決めておき、それに基づいて「どの財産を誰に相続させるのか」を第三者に決めてもらうこともできるのです。

この第三者について、特別な規定はありませんが、遺産分割に関して全く利害関係を持たない人に依頼すべきでしょう。

できれば、遺言者の心情や、家庭内の諸々の事情を知っている信頼できる友人などに委託するほうがよいでしょう。

事情を知っている人であれば、表面上の情報にとらわれることなく、実質的で公平な分割ができるからです。

遺 言 書

遺言者○○○○は本遺言書により次のとおり遺言する。

一、遺言者○○○○の遺産相続について、各相続人の
相続分は次のとおりとする。
(中略)

二、右の相続に従う遣産分割の方法については、遺言
者の最も信頼する友人である左の者に指定を委託
する。
××県××市××町×丁目X番×号
○○○○(昭和○年○月○日生)

平成○年○月○日
××県××市××町×丁目×番×号
遺言者 ○○○○

スポンサーリンク