遺言書がない場合は? 遺産分割と遺産分割協議

シェアする

相続人全員で遺産分割の協議をする

相続が発生すると、相続財産は、相続人全員の共有とされます。これを各相続人に個別に分配することを遺産分割といいます。このとき、遺言書が残されていなければ、相続人全員で話し合いをして遺産の分配を決めま す。話し合いをするためには、まず被相続人の財産・債務を調べてリストアップしなければなりません。

財産・債務を把握できたら、遺産の種類、性質、各相続人の年齢、職業、その他一切の事情を考慮して、相続人全員で遺産の分配を協議します。これを遺産分割協議といいます。遺産分割協議の際には、各相続人は法定相続分をもとにして自分の権利を主張することができますが、遺産分割は、相続人全員の合意があれば、法定相続分の割合にかかわらず、自由に行うことが可能です。例えば、配偶者がすべての財産を相続することになったとしても、相続人全員の合意があれば有効になるのです。

この遺産分割協議は、相続人全員で行わなければなりません。一部の相続人を除外して行った遺産分割協議は、無効です。協議の内容は、遺産分割協議書という書面に記載されます。この協議書は、不動産の相続登記などの名義変更や相続税申告書の提出の際にも必 要な書面です。この遺産分割協議は、いつでも行うことが可能です。相続人の1人から遺産分割の請求があった場合、他の相続人は必ず分割協議に応じなければなりません。共同相続人の間の協議が調わなかったり、協議そのものが行えなかったりしたときには、家庭裁判所に対し、分割の調停・審判を請求できます。

遺産分割は現物で行うのが一般的

遺産分割の方法には、次のようなものがあります。

[イ]現物分割
相続財産そのものを、そのままの形で分割する方法です。例えば、上地aは相続人Aに、土地bは相続人Bにといった具合で、財産そのもので分配することです。実際の遺産分割に際しては、ほとんどこの方法が採用されています。

[ロ]代償分割
特定の者が相続財産を取得し、その取得者が他の相続人に対しその代償として金銭を支払う分割の方法です。例えば、被相続人の財産のほとんどが土地のみという場合に、土地を相続人Aが相続し、他の相続人には、相続人Aが相続分を金銭で払うことになります。

[ハ]換価分割
相続財産を未分割のまま換金処分をして、その売却代金を分割する方法です。例えば、あらかじめ土地を売却することが決まっている場合に、その売却後の代金を相続人間で分配します。

[二]共有とする分割
相続財産の全部または一部を特定の相続人らの共有とする分割の方法です。例えば、1つの土地を、相続人A・B・Cで、3分の1ずつ共有にするといった方法です。一見、公平な方法のようですが、1つの資産を共有することになるので、二代目、三代目と代替わりしたときに、トラブルになるケースが少なくありません。

スポンサーリンク