遺言書の作り方は?②公正証書遺言

公証役場で作られるのが公正証書遺言

公正証書遺言とは、遺言者が公証人に遺言内容を口述し、その口述した内容をもとに公証人が作成する遺言です。公正証書遺言は、公証役場で作成されます。全国どこの公証役場で作成してもよく、病気などの理由で公証役場に行けない場合には、公証人に出張してもらうことも可能です。作成された遺言書の原本は公証役場で保管され、遺言者には原本と同じ効力を持つ正本が渡されます。

仮に、正本を紛失しても、原本をもとに再交付が受けられます。また、遺言の作成上必要なことは、公証人が指示してくれるため、様式や内容の不備は生じません。ただし、公証人に、手続き上の相談はできますが、遺言内容自体の相談はできません。作成にあたっては弁護士・税理士等の専門家に相談することをお勧めします。

公正証書遺言の作成手順

公正証書遺言を作成するには、以下の条件を満たす必要があります。‘

【イ】証人2人以上の立会いがあること
【ロ】遺言者が遺言の趣旨を公証人に口述すること
【ハ】公証人が、その口述を筆記し、遺言者と証人に読み聞かせること
【二】遺言者と証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自が署名押印すること
※ただし、遺言者が署名をすることができない場合には、公証人がその事由を附記して、署名に代えることができる。
【ホ】公証人が、以上の方式に従って作ったものである旨を附記して、署名押印をすること

実際の作成手順ですが、当日口述して、遺言書を完成させるわけではなく、あらかじめ、遺産のリスト・不動産登記簿謄本・戸籍謄本等と遺言の草案を、郵送等で公証人に届けておきます。その後打ち合わせをし、内容を固めておきます。そして当日は、公証人が作成しておいた遺言書を、遺言者に読み聞かせ、意思確認と署名押印をするのが一般的です。

公正証書遺言は一番確実で安心な遺言

公正証書遺言は「遺言者は、口述するだけでいい」「公証人という専門家が作成してくれる」「遺言の保管が確実であるため、紛失、変造の心配がない」「家庭裁判所の検認の必要がない」といったメリッ卜がある反面、「証人2人の立会いがいる」「手続きが面倒であり、公証人の手数料がかかる」「遺言の存在と内容がオープンになる」といったデメリッ卜が存在します。ですが、遺言の方式としては一番確実で、安心できるものだといえるでしょう。

スポンサーリンク