遺産分割とは

遺産の分割とは何か

被相続人の財産が相続人に承継される時期は、相続開始のときとされています。これは、相続財産全体を相続人が相続分という割合で互いに持ち合っている状態といえます。そこで、相続後に個々の財産を、それぞれの相続人の所有物として確定する手続きが必要になってきます。これが遺産分割です。

遺産が全部現金、銀行預金という場合は、割合どおりに現金または預金名義の変更で分けます。借金も含めて、株式など分割可能なものはみな遺産分割手続きをすることなく分割できます。 しかし、遺産が現金や可分物だけというような場合はあまりありません。

ほとんどの場合、 遺産には不動産、動産などそのままでは分けられないものが含まれています。相続人が1人しかいない場合を除けば、どのような相続財産が残されていて、それをどのように分割し、だれがどれだけ相続するのかを 相続人が全員参加する遺産分割協議で話し合う必要があるのです。

遺産分割の方法

全部分割と一部分割

遺産全部を一度に分割することを全部分割といいます。これに対して、遺産の一部を分割するのが一部分割です。たとえば、特定の遺産だけを売却して、支払期限が迫った債務の支払いにあて、残りの遺産については後で時間をかけて解決するといったケ-スが考えられます。この一部分割は、実際に多く行われ、相続人全員が合意しているのであれば有効です。ただし、一部分割をした場合は、解決を先送りしたために、かえって遺産分割協議が複雑になることもあります。

分割の方法には4つある

相続人同士が遺産を分割する方法には、いくつかありますが、代表 的なのは、現物分割、換価分割、代償分割、共有分割などです。

1 現物分割

現物分割とは、各相続人が個別に取得する財産を決める方法です。 相続人それぞれの受け取りたい財産が決 まっていたり、財産の形を変えたくない場合や分割する財産の価値が ほぼ同じである場合には、有効な方法です。 この場合には、配偶者が 不動産Aを、次女が不動産Bを受け取るといった具合に分割します。 価格が一致しないときは、現物分割では法定相続分に応じて分割する のは難しくなります。しかし、その場合も当人たちの合意があれば問題ありません。

2 換価分割

換価(価額)分割とは、相続財産の一部、あるいは全部を売却して 現金に換え、各相続分に応じて分割する方法です。耕作中の畑など現 物の分割が適当でない場合、または現物を分割すると価値が下がる場合などはこの方法によります。お金であれば一円単位まで細分化できますから、換価分割をすれば、相続人同士の公平を図りやすくなるという利点があり、遺産を分割することが難しい場合などに有効な方法です。 ただし、財産をそのままの形で利用できなくなるなどの問題がでてきます。

3 代償分割

1人(または数人)が価値の高い遺産の現物を相続し、残りの相続 人の相続分に相当する超過分を現金で支払う方法を代償分割といいます。これは、遺産の大部分が現在も稼動中の工場や農地であったとき、後継者にそれを相続させたい場合などに有効な方法です。 この場合は、その人にある程度の資産(支払能力)がないと実行できませんので、代償分を支払うだけの資産がない場合には向いていません。

4 共有分割

共有分割は、遺産の一部または全部を相続人全員が共同で所有する 方法です。たとえば、不動産を分配したいという場合には現物を分割 する必要がなく、手続だけですむ利点があります。しかし、たとえば、 共有名義の不動産を売却する際に、共有者全員の同意を必要とするな ど共有分割後はさまざまな制約を受けるという難点があります。

遺産の分割が禁止される場合もある

相続人は、相続開始後に、原則としていつでも遺産を分割すること ができます。ただし、次のような場合には、遺産の分割が禁止される ことがあります。

1 遺言による分割の禁止

被相続人が、遺言によって、遺産の一部、あるいは全部の分割を禁 止している場合には分割が禁止されます。ただし、遺言による分割の禁止期間は5年が限度とされています。

2 協議による分割の禁止

相続人全員が合意した場合にも分割が禁止されます。

3 審判による分割の禁止

相続人の資格や遺産の範囲などをめぐり係争中だというような場合 には、家庭裁判所が定める一定の期間は遺産の一部または全部の分割 が禁止されます。

遺産分割の期限

民法には、遺産の分割について、いつまでに行わなければならない、 という期限の定めはありません。「いつでも、その協議で遺産の分割をすることができる」と定めているだけです。

しかし、相続税がかかるほど財産がある場合は、そんな気楽なことはいっていられません。相続税には、「配偶者は法定相続分まで相続しても相続税はかからない」という特典がありますが、この特典は、相続税の申告期限までに遺産分割が決まらないと受けられないのです。

したがって、通常の場合は、被相続人の死亡から相続税の申告期限までに遺産分割を行うことにしていますし、また、多少トラブルがあっても、そのように努力しなければなりません。遺産分割を行う場合は、その前提として、相続財産を正確に把握し、 その価額(価格)も算定しなければならないことは当然です。

スポンサーリンク