土地はいくらか①―路綿価方式

市街地では路線価で評価する

相続税法では、財産は時価で評価することになっていますが、財産によっては、便宜的に、相続税評価通達によって、定型的な評価の方法を定めています。例えば、宅地の評価方法は、路線価方式と倍率方式の2つがあります。前者は主に市街地を、後者は主に郊外地を評価する方法です。

路線価とは、路線(道路)に面する標準的な土地1㎡あたりの価格のことで、路線価が定められている地域に所在する宅地は、路線価方式で評価します。路線価は税務署に備え付けられている路線価図で確認できますが、国税庁のホームページでも見ることができます。この方式による評価では、宅地の面積に路線価をかけて計算しますが、宅地の形状等に応じて各種補正率を用いて補正します。

スポンサーリンク