系譜・墳墓・祭具・遺骸・遺骨や形見はどうなる

シェアする

系譜・墳墓・祭具の承継はどうする

祖先から受け継いでいた系譜・墳墓・祭具などの遺産(祭祠財産といいます)は、財産的な意味がほとんどないので、遺産分割の対象になりません。こうしたものの承継者は、被相続人が指定することになっていますが、指定は遺言によらなくてもかまいません。指定する相手はさまざまで、相続人、相続と関係ない人、配偶者や内縁の妻を指定することもあります。指定がないときは、相続人の協議によりますが、慣習が不明などの理由で決まらないときは、家庭裁判所に決めてもらいます。

遺骸・遺骨はどうなるか

ところで、遺骸・遺骨といえども限定された意味ながら所有権の対象になるとされています。内縁の妻や親族が遺骸の引き取りをめぐって争うケ-スなどもあります。しかし、遺骸・遺骨は被相続人の通常の相続財産ではありません。裁判所の判例では、遺骸・遺骨は社会的に特殊な扱いを受けるものであり、埋葬・管理・祭祀・供養のために祭祀圭宰者が所有権をもつものとされています。なお、被相続人には祭祀主宰者を指定する権利がありますから、指定がある場合はそれに従います。

「形見分け」の品は相続財産になるか

故人の遺品を遺族などで分ける「形見分け」という儀礼的慣習があります。形見も遺産の分割に入りますが、慣習上容認される程度のものであれば、分割の対象外になることもあります。通常は故人が身につけた時計やアクセサリーなどが形見分けの対象です。つまり、相続争いの対象にするほどの経済的価値がないものが対象となります。宝石などは、遺産分割の対象となるものです。

「形見分け」でもめるのはなぜか

あまり価値がない遺品を形見分けとして分ける場合も理論上は、相続人全員の共有物である遺産の処分であることには変わりありません。 もし、被相続人が生前に家族のだれかに「これは娘にあげてくれ」と口頭で伝えていたとしても、そのだれかに遺産の処分権があるわけではありませんから、相続人全員の了解を得てから贈与してもらうことになります。慣習上の贈与は、相続人の共有物の贈与ということになります。形見自体に価値があまりなくても、相続人各人の思いがありますから、もめることがあります。なお、形見を相続人が独断で処分したりすると、全員の同意があるか、同意が見込める場合を除いて、遺産分割協議全体の進行に影響を与えることもありますから注意しましょう。

スポンサーリンク