範囲で争いが起こると遺産分割はできない

シェアする

遺産の範囲をめぐって争われる事もある

遺産を分ける前に、分ける対象となる遺産に何があるか、つまり遺産の範囲について争うことがあります。動産や無記名債権など名義がはっきりしないものは争いが起こりがちですし、不動産の所有権について争うこともあります。たとえば、第三者と債務の有無や土地の所有権について争っていた場合、訴訟や調停で解決し、解決後初めて遺産として分割する対象になります。このような争いは第三者に限らず、 遺産の範囲の争いは相続人同士の争いとなる場合もあります。税金対策で名義変更していた場合は、土地が遺産か特定の相続人の所有物か争いになることもあります。

このような遺産の範囲について遺産確認の訴訟が起きた場合は、後述する遺産分割はできません。暫定的な分割をして、後で最終的に分割する方法もありますが、家庭裁判所の調停や審判によるときは、結論が出てから分割手続きに入ることになります。 なお、家庭裁判所も遺産分割の審判をする際は、ある財産が遺産かどうかを判断し、遺産分割の審判をすることがあります。しかし、それはあくまで判断のための目安であり、遺産を確定させるものではありませんから、最終的には訴訟で争うことになります。

訴訟が起きた場合、相続人がいったん遺産分割の審判の申請を取り下げるか家庭裁判所が遺産分割の調停や審判の期日を無期延期し、訴訟の結果を待つことになります。この訴訟では、共同相続人全員が原告かまたは被告として当事者にならなければなりません。

スポンサーリンク