遺産の調査はどうやってすればよいか

相続税の申告書に添付する相続財産目録で確認する

相続が起きたとき、遺産がどれだけあるか被相続人から生前に知らされていないことがあります。たとえば、相続人の1人だけが有利な遺言書をつくってもらっており、他の相続人は遺産についてわからない場合も考えられます。このような場合は、まず税務申告を調査します。相続税遺産を把握している者は申告する際に、申告書には相続財産目録を添付する必要があるからです。

申告書は、法定相続人全員が押印して共同申告することが必要ですから、申告書への押印の際、遺産内容を確認できます。ただし、これは遺産が一定額以上で、相続税申告が必要な場合の確認手段です。もし、押印の際に遺産内容がよく確認できなかったときには、家庭裁判所に調停または審判を申し立て、相続税の申告書の写しを請求しましょう。場合によっては、家庭裁判所調査官に調査してもらうこともできます。

独自の調査をする

調査の必要性は個々のケースで異なりますが、費用をかけて確認する遺産の見込みがある場合などは、信用できる調査業者に独自に依頼しましょう。調査の結果、贈与の中に遺留分減殺請求の対象になるもの、古い所有権移転登記、実際は売買がなく遺産となる架空売買などが明らかになることもあります。

スポンサーリンク