借地契約の名義変更をする

シェアする

名義変更が難しければ借地契約を結び直す

相続によって借地権を相続した場合、通常借地権は登記されていないことが多いため、公的な機関への名義変更手続きなどは不要です。しかし、借地契約は地主と亡くなった被相続人との契約であるため、この借地契約の変更をする必要があります。借地の契約条件は相続人にそのまま承継され、基本的には地主の承諾を得る必要もなく、地主への名義変更料などの支払いも原則ありません。

ただし、地主への地代の支払い義務も承継するので、相続人に地代の支払い能力がないと認められると、地主が名義変更に難色を示す可能性はあります。今後の関係なども考慮するなら、借地を相続する相続人の状況を説明するとともに、新借地 人と地主との間で借地契約書を作り直した方がよいでしょう。この場合、契約書作成の名目で事務手数料程度の金額を請求される場合があります。

スポンサーリンク